2019年12月25日

バカリズム

お笑い芸人のバカリズムが24日、所属事務所の公式サイト上で、元でんぱ組.incの夢眠ねむさんとの結婚を発表。バカリズムだけでなく、今年は人気お笑い芸人の“結婚ラッシュ”だった


 バカリズムは所属事務所の公式サイト上で、「私事で恐縮ではございますが、この度、私バカリズムこと升野英知は結婚致しました事をご報告させて頂きます」と報告。「相手は元でんぱ組.incの夢眠ねむさんで、現在は芸能界を引退している方です。仕事を通じて知り合い、数年間の友人関係を経てお付き合いが始まり、この度結婚する運びとなりました」と入籍までの経緯を明かしている。

 今年、最も衝撃的だったと言えるのは、6月に女優の蒼井優との交際わずか2ヵ月のスピード婚を発表した南海キャンディーズの山里亮太と言えるだろう。蒼井の親友で、“恋のキューピット”となった相方、しずちゃんが同席しての記者会見も、大きな話題になった。

 オードリーの若林正恭はつい先月、自身がパーソナリティを務める『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送/毎週金曜25時)のオープニングトークで突如“妻”の存在を発表して、リスナーを驚かせた。事前に知らされていなかった相方・春日俊彰も全く予想していなかったというが、その妻は「これは近いうち、ありそうよ!?」「すでにしてる可能性もあるわね!」と予想していたという。

 なお、今年結婚したバカリズム、山里、若林といえば、不定期に放送されているバラエティ番組『ヨロシクご検討ください』(日本テレビ系)で、坂上忍と共に「心の闇4」として、世の中の様々な疑問や不満に対して独自の提案をするレギュラーメンバーだった。今年、「闇4」のうち3人が結婚したことになり、ネット上に「『ヨロシクご検討ください』で揃いも揃ってひねくれてたのが懐かしい。おめでたいねぇ」といった感想や、「今見たい」といったリクエストも集まっていた。

 また、若林と同じ11月には“珍獣ハンター”ことイモトアヤコが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系/毎週日曜19時58分)の緊急生放送内で、それまでの過酷なロケで苦楽を共にしてきたディレクターの石崎史郎氏との結婚を発表。放送では、高さ47mのバンジージャンプに夫婦で挑戦する模様も放送され、ファンから祝福が殺到した。

 さらに4月には『R-1ぐらんぷり』『女芸人No.1決定戦 THE W』などの賞レースの常連である紺野ぶるまが、10月にはひょっこりはんが、11月22日の“いい夫婦の日”にはメイプル超合金の安藤なつが一般人との結婚を報告した。
ラベル:バカリズム
posted by かーくん at 10:22| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

長澤まさみ

12月17日、東京・下北沢に姿を見せたのは、長澤まさみ(32)。出演する舞台の上演後、関係者と訪れた “演劇人御用達” の飲食店を後にしたところだ。雑然とした “下北の街” に自然と溶け込むのは、名女優たる所以だろう。

 翌日の「報知映画賞」で主演女優賞に輝き、女優としての評価は右肩上がり。デビュー20周年の2020年、中国映画やひとり芝居への出演が控えている彼女。ファンに嬉しいニュースを、本誌はキャッチした。

「『ドラゴン桜』の続編の制作が決まったんです。2020年7月スタートのTBS『日曜劇場』枠で放送予定。2005年放送の前作では生徒役だった長澤が、教師になって母校に帰ってきます」(芸能プロ関係者)

「落ちこぼれ高校の生徒たちが東大合格を目指す」物語は、15年前、阿部寛(55)主演で大ヒット。新垣結衣(31)、山下智久(34)、小池徹平(33)ら、いまのスターたちの出世作だ。

「そこに、女優としての15年の経験と実績を引っ提げて、長澤が凱旋するのだから、話題沸騰は必至です」(テレビ誌記者)

 長澤の2020年は、「子」年じゃなくて、「辰(ドラゴン)」になる!


(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)
ラベル:長澤まさみ
posted by かーくん at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

E-girls 解散

ダンス&ボーカルグループのE-girlsが、来年いっぱいをもって解散することが、わかった。22日、神奈川・トレッサ横浜で行われた2020年第1弾シングル「別世界」リリースイベント内で電撃発表され、会場に訪れたファンから悲鳴が上がったようです

 イベント冒頭で、グループのこれからに向けての映像が流れ、ファンが悲鳴。その後、メンバーが登場し、リーダーの佐藤晴美が「2020年を持ちまして、それぞれの道に進んでいくという決断をさせていただきました」と報告。「今年の春くらいからE-girlsのこれから、未来をみんなで話し合う機会。それぞれの方向性を伝えあった時に、それぞれの道で、頑張っていくという決断をさせていただきました」と伝えた。

 佐藤は続けて「みなさんとの思い出だったり、景色を思い返すと、踏み切れない部分もあったんですけど、輝いていけるステージに行けるために決断。それぞれ、次のステージでやっていったり、応援しあって、みなさんにもっともっと応援しただけるように、頑張っていきたい」と意気込んだ。

 同グループは2011年12月、シングル「Celebration!」でデビュー。13年より『NHK紅白歌合戦』に4年連続で出場。2017年6月、Aya、Ami、Shizuka、MIYUU、川本璃、藤井萩花、重留真波、中島美央の卒業を発表。新生E-girlsとして、同年7月にシングル「Love ☆ Queen」をリリースした。

 今月28日にはデビュー8周年を迎え、LDHが来年に行う6年に1度のエンターテインメントの祭典「LDH PERFECT YEAR2020」、その一環として2月からスタートする約1年半ぶりのアリーナツアー『E-girls PERFECT LIVE 2011→2020』も控える中での発表。同ツアーが、グループとしての最後のツアーとなる。

 グループ解散後の活動については、佐藤晴美、坂東希、石井杏奈、山口乃々華はそれぞれ役者やモデル業、Happinessは新たに88risingとタッグを組んで本格的に世界進出を目指し、武部柚那はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾伶菜はソロアーティストとしてデビューする。

 同日に公式サイトでもコメントを発表「それぞれの未来に向かい活動」

E-girlsを応援してくださる皆様へ

この度E-girlsは、来年2020年いっぱいをもって約9年間の活動に終止符を打ち、それぞれの未来に向かい活動していくこととなりました。

佐藤晴美、坂東希、石井杏奈、山口乃々華はそれぞれ役者やモデルを、Happinessは新たに88risingとタッグを組み本格的に世界進出を目指し、武部柚那はアフロジャックが世界8都市で開催したオーディション合格メンバーと新たなユニットを結成、鷲尾伶菜はソロアーティストとしてデビューいたします。

突然の発表で驚かせてしまったと思いますが、この場を借りてメンバー11人の気持ちを皆様にお伝えさせていただきたいと思います。

2011年にE-girlsの活動がスタートし、私達がどんな状況にあろうと、いつもどんな時でも皆様が応援してくださったおかげで、夢にまで見た景色をたくさん見ることができました。

E-girlsは多くの出会いと別れを繰り返しながらも、メンバー同士で支え合い、そしてスタッフの皆さんと手を取り合い8年間頑張ってきました。

でも、いつからかメンバーそれぞれの中で、人生の次なる目標や夢が芽生えるようになり、その想いをメンバー同士で何度も話し合ってきました。
全員が同じ気持ちになれず意見がすれ違うこともありましたが、長い時間をかけてメンバー全員でたくさん考え、今回の決断をさせていただきました。

人生の中での大切な時間や青春をE-girlsと共にし、メンバーはもちろん、応援してくださる皆様には一生忘れることのない財産をいただきました。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございます。

来年の「E-girls PERFECT LIVE 2011→2020」が最後のツアーになりますので、2020年末までの一年間で、皆様への感謝や自分達の想いをメンバー全員で精一杯伝えたいと思います。

引き続き応援よろしくお願いします。
ラベル:E-girls 解散
posted by かーくん at 10:29| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする