2019年12月31日

AAA

人気音楽グループ「AAA」のリーダー・浦田直也(37)が31日付でグループを脱退することが30日、所属の「エイベックス・マネジメント」から発表された。4月20日に面識のない女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕(不起訴)され、無期限謹慎中だった。31日をもって謹慎処分は解除となり、今後はソロで活動するようです

 所属事務所によると、本人から脱退の申し出があったという。浦田は直筆署名入りの文書で後悔や謝罪の言葉とともに「これからは『浦田直也』として、いろいろな想いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたいと思っています」と今後への思いをつづった。

 自覚を欠いた行動の代償は大きかった。逮捕翌日に釈放された直後に行った謝罪会見で、活動自粛を表明したが、会見を巡っては、どこか人ごとのように見える軽いトーンにファンの間でも批判の声が噴出。翌日に無期限の謹慎処分が科されていた。

 残るメンバー5人も、それぞれ直筆署名入りの連名文書で、浦田の決断を受け入れる経緯を説明。苦悩をにじませながら「これからもリーダー浦田直也への変わらぬ応援をよろしくお願いいたします」とエールも送った。

 浦田は05年のグループ結成からリーダーを務める一方、09年1月から「URATA NAOYA」名義でソロ活動も行っていた。グループとしては10年から7年連続でNHK紅白歌合戦に出場。17年までは毎年のように日本レコード大賞優秀作品賞に選ばれるなど、毎年、華々しい年末を送っていた。今後の具体的な活動は未定だが、心機一転の決断を下し、新たな1年を迎える。

 ◆AAA・浦田直也の事件後の経過

 ▼4月20日 浦田が面識のない女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕。

 ▼同21日 釈放され都内の所属事務所で謝罪会見。事件については「覚えていない」を連発。西島隆弘はソロ活動5周年公演のステージ上で謝罪。

 ▼同22日 所属事務所が浦田の無期限謹慎を発表。全日本空手道連盟が公式応援歌「Yell(エール)」の使用を控えるよう各都道府県連盟などに通達。

 ▼5月10日 全国ツアーを浦田を除く5人で開催することを発表。

 ▼8月17日 a―nation大阪公演のヘッドライナーを5人で務める。

 ▼10月23日 5人体制の新曲「BAD LOVE」を発売。

 ▼11月16日 5人で京セラドームから4大ドームツアー(12月22日まで)をスタート。

 ◆浦田 直也(うらた・なおや)1982年11月10日、東京都生まれ。37歳。2001年、テレビ東京系「ASAYAN」で行われた「浜崎あゆみオーディション」に合格し、翌年から浜崎のバックダンサーを担当。05年にAAAを結成し、リーダーを務める。09年1月にソロ活動も開始し、14年7月、初のソロツアーを開催した。
ラベル:AAA
posted by かーくん at 08:56| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

倉持由香

グラビアアイドルの倉持由香が、プロゲーマーのふ〜どと結婚したとブログで発表しました。明日11月6日が倉持の、あさって11月7日がふ〜どの誕生日であることから、《結婚と誕生日を一気にコンボでお祝いしようという意図もあります。楽だし、忘れないので(笑)》と、発表直後、夫とそろってのインタビューで語っていた

 明日で28歳となる倉持は、中学時代にデビューしたものの、なかなか芽が出なかった。それが、デビュー10年目を迎えた2013年、それまでコンプレックスだった大きなお尻を強調した自画撮りをTwitterにアップし、「尻職人」と名乗り出したのを機に一躍注目される。翌2014年にはTwitterのハッシュタグから「 #グラドル自画撮り部 」を開設し、ほかのグラビアアイドルにも自画撮りを継続してアップする動きが広がっていく。

 2000年代後半あたりから、雑誌のグラビアをAKB48などグループアイドルが席巻し、“グラビアアイドル冬の時代”ともいうべき状況が続いてきた。そんな逆風のなか、グラビアアイドルが盛り返しを図るうえで倉持と「#グラドル自画撮り部」が果たした役割はきわめて大きい。今年4月には、彼女がSNSを活用したプロデュース術について語った初の著書『 グラビアアイドルの仕事論 』も刊行され、話題を呼んでいる。

 同書によれば、自画撮りは、撮り下ろしグラビアという“大会”に向けて、表情やポージングなどの研鑽を積むための“自主練”だという。また、自画撮りをSNSにアップすることは、自らを多くの人に知ってもらうきっかけづくり、いわば“ティッシュ配り”だと語る(※3)。こうした行動の根拠として、倉持は「知名度のピラミッド理論」なるものを導き出した。
ラベル:倉持由香
posted by かーくん at 12:26| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

氷川きよし

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分〜)のリハーサルが28日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、出場20回目の氷川きよしが囲み会見に出席した。今年は20年目の節目の年。インスタグラムなどで新しい「氷川きよし像」を見せているが、紅白でも「きーちゃんらしく」自分を表現する決意を明かしたそうです

「自分の限界を決めないで次のドアに行こう」
 本番では「紅白限界突破スペシャルメドレー」で、アニメ「ドラゴンボール超」の主題歌「限界突破×サバイバー」と、20周年記念シングル「大丈夫」のスペシャルメドレーを披露する予定だが、氷川は「すごいことになるんですよ、今回」と宣言。囲み取材では、“美”へのこだわりも明かした。

 以下は一問一答。

――今年は特別な紅白。

「そうですね。本当に今年は最高の1年で、最高の締めくくりで70回という素晴らしい節目の紅白歌合戦で、自分もデビュー20周年目なので、そんな年に出させていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。今リハーサルやってきたんですけど、すごい震えちゃって。緊張して。久しぶりに緊張しましたね。すごいことになるんですよ、今回」

――すごいことになるというのは衣装とか?

「ちょっとそれは言えないんですけど。本当にすごいことなので、今回。本当に演出が大変なことになるので。『限界突破』ですね」

――衣装の色だったりとか?

「紅組のような白組のような、みなさんが期待していらっしゃるような」

――今年はインスタを始めた。

「そうですね。きーちゃんとして」

――(インスタで)いろんな洋服を見せてくれましたが、それも今回の衣装にヒントはありますか?

「それもちょっと言えないですね」

――紅白で楽しみにしていることは?

「限界突破を年のはじめに歌わせてもらいたいなというのは思ってましたし、2年前出させていただいて、イメージ付けを氷川きよしはずっとされていたので、20周年の年にもっと自分らしく、イメージをぶち壊したという気持ちがあって。今までの氷川きよしは氷川きよしでバックボーンとして、毎日、一生懸命やってきたんですけど、これからはまた20周年を迎えて、時代も変わって自分らしく、ありのままの姿で音楽を表現したいなって。

 どうしても人間ってカテゴライズしたり、当てはめよう当てはめようって人と比べたりする傾向があると思うんですけど、そこの中でやっているのはすごく苦しいので『限界突破』でいつか、この素晴らしい紅白歌合戦に出られたらいいなという夢があって。そのために今年のはじめから自分の中では決意していて、本当の自分を表現しよう、ありのままの自分を表現しようと、もっと自分の中に持っているもの、自分の才能っていうんですか、持っているものをもっと生かせられたらいいなっていう思いで歌ってきたし、自分の限界を決めないで次のドアに行こうって、負けないように一緒に頑張ろうねと自分の中で戦ってきた、自分自身と戦ってきた思い入れのある『限界突破』なので。そんな『限界突破×サバイバー』を歌えるというのは自分ですごく使命感を感じます。誰も道を切り開いていないところを1人歩くような気持ちで挑戦してきたので。いろんなことに挑戦していると、摩擦とか生まれると思うんですけど、そこを怖がっていたら、次のドアは開けないので。そんな思いでやってきた1年でしたね」

―最も『限界突破』したなという部分は?

「今年じゃないですかね。もっと自分を表現したいというか。まだまだちょっと自分らしさは出てない。もっとこれから、美容にしてもそうですけど。趣味があんまりないので、やっぱり美のこととか、そういったことは子供の頃からすごく好きだったんですけど、そういったものをやっぱり伸ばしてあげたいなって。それがダメだっていう日本の傾向があるけど、自分の個性を大事にして、自分自身の命を大事にして、人に励ましを送り続けられるアーティストでいたいなって。演歌歌手というカテゴライズも……“カッコ演歌歌手”としていられるのは素敵なんです。でも、ワードにあまりハマりたくないタイプなので、もっと楽しんで歌えたらいいなと思います」

――きーちゃんの今年の集大成?

「そうですね。きーちゃんらしく、きよしくんはちょっとサヨナラして。きよしくんは演歌を歌う時のキャラだけど……」

――今回はきーちゃんが出る感じ?

「そうですね。どちらかというと。はい。私らしくっていう感じですかね」

――綺麗ねってよく言われるじゃないですか?

「よく言われるんですよ。いや、嬉しいですよ。汚いって言われるより。年とともに、もっと綺麗になっていきたい」

――スキンケアで一番気をつけているところは?

「水を飲むことですかね。水はなるべく1日3リッターくらい飲んで、小便出して……(笑)」

――最後にファンのみなさんに。

「より自分らしく、ありのままで今回紅白歌合戦で輝きますので、それを見てみなさんも輝いて生きてください。私は自分に負けません」
ラベル:氷川きよし
posted by かーくん at 08:47| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする