2019年10月19日

ジャニーズWEST M田崇裕

「今回、流出しているツーショットは今年の3月から4月くらいに撮られた写真ですね」(2人を知る友人)

 10月9日発売の最新シングル「Big Shot!!」が、最新オリコン週間シングルランキングで初登場1位となり、これで3作連続1位を獲得した「ジャニーズWEST」。スペシャルサポーターを務める「FIVBワールドカップバレーボール2019」のテーマソングにも起用され、彼ら自身も毎試合会場に応援に駆け付けた。その甲斐あってか、バレー全日本男子はワールドカップ史上最多の8勝をあげ、28年ぶりとなる4位に入賞するという快挙を成し遂げた。

“リア恋枠”の濱田に……
 だが、そんなジャニーズWESTのM田崇裕(30)の”親密ツーショット”写真が流出するという事件が起きていた。ジャニーズでは9月に期待の新星「HiHi Jets」橋本涼の “ベッド写真”流出騒動 が起きたばかりだが――。

 ジャニーズWESTは2014年に結成され、シングル「ええじゃないか」でデビュー。M田、重岡大毅(27)、小瀧望(23)、神山智洋(26)、桐山照史(30)、藤井流星(26)、中間淳太(31)の7人から成るグループだ。

 今回、SNSで一般人女性・A子さんとのツーショットが流出したM田は、ファンから“リア恋枠”と呼ばれている。

「濱田くんの危機管理能力を疑う」
「“リア恋枠”はファンがリアルに恋をする対象としてとらえているメンバーだということです。アイドルだから手の届かない存在なのはわかっている中で、本気で恋をする、本気で好きになるといった、恋人目線のファンが多いメンバーがM田くんなのです。それだけに炎上も凄かった。

 M田くんはスペシャルサポーターを務めるワールドカップバレーのイベントに参加し、そこでも『最初、バレーボールは詳しくなかったんですけど、親善試合を見てバレーに興味を持ちましたし、感動しました』など、小学生のようなスピーチを披露し、会場の女性ファンからは笑いがこぼれていました。手が届きそうな“リア恋枠”の濱田くんだけに、WESTのファンからは『いちばん熱愛報道が出てほしくなかった』という声が多いですね」(テレビ局関係者)

 写真を見たジャニーズWESTファンの1人はこう話す。

「今回の写真を見て、交際の事実よりもM田くんの“危機管理能力”を疑う声が多く挙がっています。”リア恋枠”として見られている自分の立場がありながら、いくら彼女とはいえあんな写真を撮ったM田くんに『幻滅した』と話しています。最新シングルの『Big Shot!!』がリリースされたタイミングだったので、『もうCD買うのをやめよう』と、抗議の不買運動の声を上げ始めたファンもいます。WEST全体にとってもダメージでしょう」

 流出した写真の女性は、実は4カ月前にも自らSNSなどで“匂わせ”行為をして、炎上しているという経緯があった。ジャニーズ事務所関係者が話す。

「今年6月、公式サイト『Johnny’s web』内の『はまだのPhoto日記』で、M田は手料理の写真を『できたー!!!』という言葉と共に掲載しています。しかし、M田がアップするよりも先に、この料理と思われる別の写真をInstagramに載せていたのが、今回ツーショット写真に写っているA子さんでした。それがオリキ(熱心なファン)にバレて『匂わせだ!』と炎上していました」

 A子さんがM田と出会ったのは、都内の飲食店。A子さんはそこで働いていたのだ。

A子さんも「匂わせする人無理!」と周囲に吐露
「そのお店は同じWESTのメンバー・藤井の友人が経営するお店で、藤井、M田、小瀧らがよく来店していました。2人が交際した時期などは不明ですが、今年の春先くらいに、A子さんはSNSで“匂わせ”をしている他のファンのアカウントを複数見て、(心を)病んでいましたね。

 それらのアカウントのほとんどは、ファンが妄想をして嘘を書いて“匂わせ”をしているだけなのですが、A子さんは『匂わせする人無理!』と周囲に吐露していました。でも、やり返したい気持ちがあったのか、結局、A子さん自身も“匂わせ”をしていました。6月頃のことです」(A子さんを知る友人)

 A子さんはジャニーズのファンを長年続けていた。

「A子さんはかなり前から関ジャニ∞やSexy Zoneのファンをしていて、コンサートに通っていました。もともとお酒がかなり好きらしく、球場の生ビールの売り子をしたり、バーで働いていたりして、しょっちゅう飲み歩いているイメージです。朝までカラオケをしたり、飲み明かしている様子を自身のSNSでもアップしています。しかし、M田くんは真逆で、お酒が全く飲めません。この2人が交際したというのは、けっこう意外でしたね」(2人を知る別の知人)

W杯バレー会場で「顔が死んでいた」濱田
 だが現在では、2人の関係は終わっているという。

「2人は『発覚後は会っていない』と話しています。まぁ、隠している可能性もありますが。騒動で事務所からカミナリが落ちたのか、濱田くんはワールドカップバレーの会場でも顔が死んでいた。A子さんは真逆で、先日も朝までカラオケをしながらお酒を飲んでいましたね」(同前)

 ツーショット写真に関して、ジャニーズ事務所に事実確認を求めたが、「実名での一般女性に関する回答は差し控えさせていただきます」と答えるのみだった
posted by かーくん at 10:22| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

小島よしお

お笑いタレント小島よしお(38)が17日、都内で、悩める企業経営者をサポートする事業のPRイベントに参加し、自身の悩みを明かしたようです

小島は「YouTubeのチャンネル登録者数が全然、増えない。4年前に開設して増えない。今、6020人。目指せ1万人。あと仕事で言うと新しいギャグがはやらない」と語った。

また、プライベートな悩みも言いたいとし「父が語学学校を経営しているんですけど、今、経営が大ピンチです。俺に広報を担当してくれと言ってきたので、今、広報として動画を撮影して字幕をつけたりということをプライベートでやっています」と語った。
ラベル:小島よしお
posted by かーくん at 08:42| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

半沢直樹

2020年4月に7年ぶりに続編が放送される予定のドラマ『半沢直樹』(TBS系)。半沢との再会まで半年以上あるが、その“待ち時間”が短縮されるかもしれないようです

「年末年始に『半沢直樹』のスペシャルドラマが放送されるようなんです。まだ企画段階ですが、内部関係者によれば前作の総集編というより、続編のプロローグ的な内容になる可能性が高いそうです。2020年は各局、スペシャルドラマに力を入れています。フジテレビは新春に木村拓哉さん主演の『教場』を放送しますし、テレビ朝日はアメリカの大ヒットドラマ『24』の日本版の制作が決まっています。他局の勢いを考えると、TBSとしては年末年始から『半沢直樹』でスタートダッシュを図りたいところでしょう」(TBS関係者)

 2013年7月クールに放送された『半沢直樹』は、言わずと知れた国民的人気ドラマ。最終回には、平成30年間のドラマで最高となる42.2%の視聴率を記録している。堺雅人(46才)演じる主人公・半沢の決めぜりふ「倍返しだ!」は流行語大賞にも選ばれた。

 続編は、池井戸潤氏の半沢直樹シリーズ『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』(いずれもダイヤモンド社刊)をもとにした内容が予定されている。前作では、バブル期に銀行に入行した半沢が理不尽な上司に立ち向かい、不正を明らかにするも、最終回で出向を命じられるという衝撃の展開に。続編では、出向先の証券会社に赴任するところから物語がスタートする。

 ここ数年で堺の状況も大きく変わった。妻・菅野美穂(42才)との間には、2015年に長男が、2018年に長女が生まれ、今では2児の父だ。

「堺さんは、お子さんが生まれてからは、できる限り多くの時間を育児に充てるように心がけてきました。遊ぶのはもちろん、オムツ替えや着替えなどもお手の物だそうです」(芸能事務所関係者)

 その堺も、来年は『半沢』続編の撮影で仕事に全力投球することになりそうだ

「妻役の上戸彩さんも出演予定でしょう。前作で半沢の同期役を演じた及川光博さんや滝藤賢一さん、半沢の上司を演じた香川照之さんなどは出演すると思われますが、キャストについては極秘扱い。サプライズが用意されているのかもしれません」(別の芸能事務所関係者)

 そのヒントとなるのが、冒頭のスペシャルドラマ。ここに、前作には出演していなかった“旬の俳優”が登場すると囁かれている。

「今、いちばんカッコイイといわれる若手俳優Aさんには声がかかっているとか。AさんといえばNHK大河ドラマの主演。彼だけでなく、モデル出身で学園モノドラマでも人気の若手女優の顔も持つBさん、アーティストとしても俳優としても実力派のCさんと豪華な名前があがっているようです。彼らからしても『半沢直樹』は出たいドラマでしょう。年末年始のスペシャル版で、彼らと半沢の共演が実現すれば話題になることは間違いありません」(前出・TBS関係者)

 今をときめく俳優の参戦で、放送前から“倍返し”が期待できそうだ。

※女性セブン2019年10月31日号
ラベル:半沢直樹
posted by かーくん at 10:51| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする