2019年10月22日

宮迫博之

特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で吉本興業との契約を解消した雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が年明けにも仕事復帰する可能性があることが21日、分かった。先輩の明石家さんま(64)が主催して“激励会”を来月開催。関係者らを招待しており、そこがけじめの場となりそうだ。今後はユーチューバーデビューも計画。新たな一歩を踏み出すことになるようです

 6月に発覚した闇営業問題から4カ月。宮迫にとって大きな節目となる会合が開かれることになった。さんま主催で来月21日に都内で行われる「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」。テレビ局や芸能関係者、親交の深いタレントを招待予定で騒動を謝罪するとともに所信表明の場となる。

 テレビ局関係者によると、世間の反応も見ながら早ければ年明けにも仕事復帰が濃厚だ。「宮迫も問題を起こしたことを十分に反省している。さんまさんが、今後もお笑いをやっていきたい宮迫の思いをくんで動いたと聞いている。芸人としての筋肉が衰えないうちに舞台などで復帰できればと考えているようです」(芸人仲間)。激励会の詳細は決まっていないが“お笑い怪獣”が愛をもってダメ出しする会となりそうだ。

 宮迫は闇営業問題を受けて吉本を契約解消となり、その後に吉本側が処分を撤回したが謹慎状態が続いている。さんまは宮迫の才能を買っており、自身の個人事務所での受け入れを表明。吉本と最終の話し合いが済んでいないものの、現在は事実上の“明石家興業”所属。専属スタッフなどサポート態勢も整っている。激励会で正式に移籍を発表するプランも進んでいるという。

 その中で、宮迫が復帰で視野に入れているのはユーチューバーデビューだ。周囲によると「トークや料理の番組を研究している。謹慎中ですし時間はあるので一生懸命、何ができるか考えている」という。謹慎前は「アメトーーク!」など10本のレギュラーを持っていたが、テレビはスポンサーの問題もあり、すぐに戻ることは難しいとみられ新しいメディアで発信していくことを計画している。

 宮迫は謹慎期間中、台風被害に遭った地域に支援物資を届けたり、子供食堂を開くなど社会貢献活動を行っており今後も継続していく。吉本側はコンビとしての活動は認めており、復帰すれば相方・蛍原徹(51)との再出発も見えてくる。ネットなどでは批判の声も多いが、信頼を取り戻すため一歩ずつ実績を積み重ねていくことになる。

 《梶原、中田らもユーチューバー》吉本のユーチューバーではキングコングの梶原雄太(39)が有名だ。「カジサックの部屋」は140万人がチャンネルを登録。謹慎前に宮迫もゲストで出演しており、料理上手を生かして「だし巻き」を披露していた。他にはオリエンタルラジオの中田敦彦(37)が「中田敦彦のYouTube大学」を開設。関係者は「登録者数が100万人を超えると月額で数百万円の収入になる」と話していた。

 《ロンブー亮は話し合い継続》宮迫と同じく謹慎処分を受け、契約解消を申し出たロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は、相方の田村淳(45)が間に入って吉本側と今後の身の振り方について話し合いを続けている。亮は一時体調を崩していたが回復。「復帰を含め、話し合いがまとまるまでまだ時間が必要」(関係者)という。闇営業問題では同社所属の13人の芸人が謹慎処分となり、宮迫と亮をのぞく11人が8月に処分を解かれ、仕事復帰を果たしている。

 《闇営業問題経過》▼19年6月7日 フライデーが14年12月に行われた特殊詐欺グループの忘年会の闇営業について報道。宮迫はツイッターで「ギャラはもらっていない」と説明

 ▼24日 吉本興業が宮迫ら闇営業に関わった芸人11人を謹慎処分にしたと発表

 ▼27日 新たにスリムクラブが謹慎処分に

 ▼7月14日 吉本が闇営業に関わった芸人のギャラの受領額について、宮迫は100万円などと発表

 ▼19日 吉本が宮迫のマネジメント契約解消を発表

 ▼20日 宮迫とロンドンブーツ1号2号の田村亮が2時間30分にわたる謝罪会見。吉本・岡本昭彦社長のパワハラ発言などを糾弾

 ▼22日 岡本社長が5時間20分にわたって会見。宮迫の処分の撤回を発表

 ▼8月19日 一部芸人が劇場で仕事復帰
posted by かーくん at 08:53| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

松田翔太&秋元梢夫妻

昨年4月に結婚を発表した俳優の松田翔太(34)とモデルの秋元梢(32)夫妻が、ファッション誌『VOGUE JAPAN』12月号(10月28日発売)の表紙&ファッションストーリーに登場することが21日、『VOGUE JAPAN』公式サイトで発表された。結婚後、公式としての2ショットは初めてで、共演するのも初となるそうです

 今回、2人を撮影したのは、世界的に活躍し、アーティストでもあるフォトグラファーのユルゲン・テラー氏で、ミラノのホテルを舞台に、同誌12月号の表紙と連動したファッションストーリーを撮りおろした。一切メディアの前で一緒の姿を見せてこなかった2人だが、インタビューでは、初めて同誌だけに2人の今や未来を10ページにわたって語っている。

 夫婦初の撮影を振り返り、松田は「今日は梢の仕事場に来ちゃった、という感じですね(笑)。梢は瞬発力があるな、と思いました」。秋元は「(自身の)モデルの仕事現場はあまり見られる機会がないので新鮮でした」と語っている。

■インタビューより抜粋
――2人で過ごすようになって変化したことはありますか?
【秋元】彼は私ができないことを指摘してくれるんです。シリアスなファッションストーリーの仕事が多くて自然な笑顔をつくることができなくなってしまっていたことも気づかせてくれました。

――2人の20年後はどうなっていると思われますか?
【松田】新しさを追いかけていく寂しさや難しさのようなものがあると思っていて。年齢を重ねていくよさを追求できたらいいかな、と。可能性は信じていたいけど、 54歳らしくありたい。<省略>20年後どこに住んでいるのかわからないしね。東京では外に出ると「芸能人」をやらなきゃいけないからいつも緊張してしまう。梢と手をつないでデートなんか全然できないし。

 松田は1985年9月10日生まれ、東京都出身。2005年にドラマ『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢』で俳優デビュー。主な出演作にドラマ『海の上の診療所』(14/CX)、映画『イニシエーション・ラブ』(15)、『オーバー・フェンス』(16)などがある。兄も俳優の松田龍平。

 秋元は1987年7月27日生まれ、東京都出身。2011年エルメス広告の日本代表としてモデルに選出され、15年10月にはパリコレデビューを果たす。現在は日本国内にとどまらず、海外の広告、ファッション誌、ファッションショーなどで活躍している。
posted by かーくん at 10:07| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

ラグビー

ラグビー・日本代表公式練習(19日、東京都内)W杯で初の8強入りを果たした世界ランキング6位の日本は20日、同5位の南アフリカとの準々決勝(東京・味の素スタジアム、午後7時15分開始予定)に臨む。前回2015年イングランド大会で、“ブライトンの奇跡”と呼ばれる大金星を挙げた相手との一戦。打倒・南アフリカを目指し、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)が、全員リーダーを合言葉に準備を進めていることが判明。スローガンの「ワンチーム(1つのチーム)」を進化させ、世界を再び驚かせよう

 小雨が降る中、選手がハーフラインに並んだ。一斉に駆け出し、肌寒さを振り払うように体を温めた。午前9時から東京都内で始まった約1時間の前日練習。冒頭15分間が公開され、選手はリラックスした表情で最終調整した。幾多の試練を乗り越えたチームが初の4強入りを目指し、決戦の舞台に立つ。

 「私たちはワンチーム。さまざまな背景からワンゴールに向かっている。準備は整っている。早く試合に臨みたい」

 W杯2度の優勝を誇り、世界ランキング5位の南アフリカとの準々決勝。1次リーグで2度ゲーム主将を務めたFLピーター・ラブスカフニ(30)=クボタ=が記者会見で、母国・南アフリカとの一戦を前に力強い言葉を並べた。

 前回大会の1次リーグでは大金星を挙げた。9月6日の壮行試合(熊谷)では7−41で敗れたが、ジョセフHCは「メンタル的に強くなり、自信を持っている」と、強豪のアイルランド、スコットランドを破り、1次リーグを全勝で突破した自信を見せる。この日行われた準々決勝で世界ランキング6位だったオーストラリアがイングランドに敗れ7位に後退したため、日本は同7位から過去最高の6位に上昇した。

 史上初の8強入りを果たした日本。さらなる進化を求めて、指揮官がチームに変革を促した。“全員リーダー制”への転換だ。これまで試合に向けたチームの始動日に、主将のFLリーチ・マイケル(31)=東芝=を含む10人のリーダーが集まり、練習内容や重点目標などを議論した。その内容をリーダーがジョセフHCらスタッフに報告し、承認を得ていた。最後に選手全員でのミーティングで意思疎通を図ってきた。

 日本中が注目する大一番を控え、ルーティンを変更した。南アフリカ戦に向けて本格的な練習が始まった15日。関係者によれば、リーダーミーティングの後、スタッフとの“首脳会談”を行わず、チーム全員による話し合いの場を設けた。これまで以上に一人一人にリーダーの自覚を持たせ、意見を出し合い、ゲームプランを31人全員で理解するためだ。

 決戦前夜。チームが大事にする自己犠牲の精神の象徴である赤い甲冑「カツモト」が置かれたチームルームで、リーチ主将が熱い言葉で士気を高めた。

 「自分たちのハードな練習によって、何度も何度も火入れし、叩いて強くした刀は世界でも負けない強度を誇る」

 20日は、2016年に胆管細胞がんで亡くなった元日本代表主将で「ミスターラグビー」平尾誠二さん(享年53)の命日。先人が刻んだ日本ラグビー史。31人のリーダーが、ワンチームを胸に栄光の歴史を塗り替える。
ラベル:ラグビー
posted by かーくん at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする