2019年03月25日

大浦龍宇一 22歳差婚

俳優大浦龍宇一(50)が、元フジテレビアナウンサー寺田理恵子(57)の長女でシンガー・ソングライターゆりえ(28)と結婚したことが24日、分かった。22歳差を乗り越え、22日に都内の区役所に結婚届を提出した。大浦の祖父は、戦前に「歌う映画スター」として一世を風靡(ふうび)した俳優高田浩吉さん(享年86)で、叔母は女優高田美和(72)。ゆりえとの結婚で、芸能一家はさらに彩りを見せているようです

大浦とゆりえは、一昨年のクリスマスに出会った。昨年5月に開催したコラボライブに向けて、曲作りをするうちに愛が芽生え、昨年3月から交際していたという。大浦は07年に前妻と離婚。11年から、今春に中学校を卒業した長男主之和(すのわ)さん(15)との2人暮らしを始め、シングルファーザーとしても知られていた。

ゆりえは28歳にして、15歳の息子ができた形だ。もっとも、母の寺田がゆりえの父と離婚後に再婚し、さらにその男性と死別した経験もあることから、あせらずに息子と向き合っているという。状況的に、周囲には心配の声もあったというが、寺田は、娘の幸せを祈って祝福しているという。

ゆりえは結婚後もミュージシャン、女優としての活動を続ける。4月にはシンガー・ソングライター夕夏(28)との音楽ユニット、ユカリエの初のフルアルバム「Yukarie(ユカリエ)」を発表。キャンディーズ解散以来41年ぶりに歌手活動を始める女優伊藤蘭(64)の5月発売のソロデビューアルバムには、楽曲を提供している。6月には、ユカリエのワンマンライブが予定されている。
posted by かーくん at 13:32| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

山口真帆 指原莉乃

アイドルグループ・HKT48の指原莉乃(26)が、24日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演。NGT48の山口真帆(23)が暴行被害を受けた件で、運営会社のAKSが22日に第三者委員会の調査報告書を説明した会見について「納得がいかなかった」と胸の内を語ったようです

 NGT48のメンバーとは連絡はとっていないが、自身の周りのメンバーも「なんでこうなっているんだろうね、って。全員納得はしていない」と説明。先日に会社の人間に話した際は「第三者委員会が動いているから待ってほしい」と言われたことを明かしたが、その結果に対して「これで終わりで解決したと会社が思ってはいけない。本人が納得するまで」と提言した。

 指原は前日に自身のツイッターで「メンバーの中にも何を呟(つぶや)いたらいいかわからない後輩がたくさんいると思います。それが一番悔しいです。モヤモヤせずにみんなが、まほほん(山口真帆)が、アイドルしてほしいです」との思いをつづった。

 この問題について、AKSが22日に新潟市内で第三者委員会の調査報告書の説明会を行ったが、約2時間半の会見中に山口は5度もツイッターを更新し「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」と反論。会見中にこのツイートについて質問されたAKS松村匠取締役は、明確に答えることができなかったため、疑問は残される形となった。

 また、1月13日の同番組で「すべての対応がひどかった。彼女に対する対応も、こうなってしまったとの対応も全てが間違っていた」と指摘。また、“運営”という組織について「誰が最初にコメントを出すのか仕切らないといけない」と現状の改善を訴えていた。
posted by かーくん at 14:13| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

松井珠理奈

3月19日に放送された『芸能人格付けチェック BASIC〜春の3時間スペシャル〜』(テレビ朝日系)に出演した『SKE48』の松井珠理奈に対し、視聴者から「態度がデカい」との声が続出しているようですね

同番組は、芸能人たちが当てて当然≠フ判別クイズに目隠し等をして挑む人気特番。最高級バイオリンと普通のバイオリンの音色や、高級和牛と安い牛肉の味などを比べる。「BASIC」と題された今回は肉と魚や赤ワインと白ワインの違いなど、より基本的な問題ばかりが出題されていった。

番組内では正解に応じてランクが変わっていくのだが、松井の属する『チームSKE48』は不正解を連発しそっくりさん<宴塔Nまで下降。そして終盤、松井と須田亜香里が「赤ワインで煮込んだ牛肉と魚の判別」という問題に挑戦することに。

大御所に気を使わせる自己中さに批判の声

選択肢の「A」と「B」の2品はかなり似せて作られているようで、2人は意見が割れながらも「B」を肉だと回答。その後、「B」を選んだ回答者が集められる部屋で待機し、同じく「B」を選んだ大物女優・松原智恵子と同室することになった。

部屋には長いソファが設置されており、一同はテーブルのモニター越しにスタジオの様子をウオッチ。すると、松井はカメラに映りやすいセンターポジションをがっちりとキープし、大御所の松原が入室してもその位置を譲ろうとしなかった。その後、演歌歌手の伍代夏子が入室しても、松井はかたくなに真ん中近くのポジションを維持。元『なでしこジャパン』の澤穂希が合流しても同様だったため、気を使った伍代が澤に席を譲り、伍代が端に座ってしまうという光景まで見られた。

最終的に松井は少しずつ端に寄っていったが、ネット上では、

《普通一番年下なんだから後ろに行くでしょ?》《後ろに椅子が用意されてるのにソファーにもたれて全然退かない…》《格付けはいつもあの部屋でみんな席を譲りあってるのに》《親ほど歳の離れたゲストたちに気を使わせるって…》《中央の席を譲ったら好感度上がったのに。松井珠理奈ってセンターにスゴい執着ありそう》

など、松井の態度を指摘する声が。この中では最年少だったことも横柄さを感じさせる一因となったようだ。

また同番組では、27歳の須田が22歳の松井に対して敬語、松井は須田にタメ口というシーンが多く映し出され、そこでも《違和感しかない》《恐怖を感じる》など疑問の声が多く上がっていた。芸歴≠理由にこのような上下関係が生まれていたと思われるが、印象は悪く、このことも松井の態度がデカい≠ニ感じてしまう原因になったかもしれない。
ラベル:松井珠理奈
posted by かーくん at 13:18| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする