2018年11月27日

壇蜜になりたい

タレントの壇蜜(37)が最近、多くの若いグラビアアイドルの“憧れの存在”になっているという。持ち前のトーク力を生かしてバラエティー番組などでも活躍する壇蜜は、昨年から“エロを抑えた”カレンダーを出版している。若いグラドルたちは「いつかは壇蜜さんのように、“脱エロ路線”でも仕事のオファーが来るように」と願っているのだそうです

 壇蜜は25日、都内で2019年カレンダー発売イベントを行った。これは毎年恒例のカレンダーで、今年のテーマは「安心・安全を前面に出した」とのこと。ファンから「どこにでも張れるカレンダーを作らないんですか?」との問い合わせがあったことから、2018年版からエロを抑えたカレンダーを発売している。

 壇蜜は「(ファンの)傾向と対策を踏まえて、カスタマーサティスファクション(顧客満足)に取り組んだ結果、いいものができたかなと。大胆なところをどれだけ秘めさせるかが、これからの課題になってくると思いました。“おっぴろげ”なんて、いつまでもやってられないですものね」と、エロを抑えたカレンダーを作った意図を明かした。

 このカレンダーでもっとも印象に残っている写真は、福島県の凍っている湖の上で撮ったショットだ。撮影時に壇蜜は氷上用の靴を履いていなかったため、湖の真ん中まで男性スタッフにおんぶしてもらったそうで、実はそのスタッフにほれてしまったという。

「すごい、いいなと思ったんですけど」と言う壇蜜だが、残念ながら「彼女がいたのであきらめました」とため息を漏らしていた。

 2018年も、残すところあと1か月余りだが、壇蜜は「とりわけ大きい体調不良もなく、健やかにやってこれた」と1年を振り返った。さらに「新しく蛇を飼いました。ピンクの、がり色の蛇。蛇がかわいいなと思ったら、あっという間に12月になりました」という。

 来月3日には38歳の誕生日を迎えるが、この日は仕事が入っている。さらにクリスマスは人間ドックと、まるで色気のない記念日を過ごす予定。来年については「恋愛よりも連載が欲しい」と、現実的な目標を掲げた。

 こんなトークで集まった報道陣を笑わせた壇蜜は、ファンだけではなく、後輩のグラドルからも異例の人気を誇り、“憧れの存在”になっているという。

「『将来、壇蜜さんのようになりたい!』と言っている若いグラドルは本当に多い。この日見せたトーク力でも分かるように、頭の回転の速さを武器にバラエティー番組でも活躍する姿などを見て、多くの子が憧れているんです」(グラビア関係者)

 あと2年で40歳となる壇蜜だが、それでも仕事が減っていないところが、若いグラドルにとって目標となる理由だとか。

「今までエロをウリにしてきたのに、エロを抑えたカレンダーを出せること自体がすごい。若いグラドルは『いつかは自分の水着など、誰も見てくれなくなるのでは?』と常に不安を抱えている。そこで壇蜜のように、『いつかはエロを抑えた仕事ができるようになれたら』と感じているんです」(同)

 近い将来、グラビア界から“壇蜜2世”が誕生するかもしれない?
posted by かーくん at 16:38| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

優木まおみがテレビから消えた裏事情

11月9日、ORICON NEWSが「第3回『好きなママタレント』ランキング」を発表した。同ランキングは、10代〜50代の男女1000人を対象に調査したそうです

「今年の好きなママタレランキングは、第3位が北斗晶、第2位が木村佳乃、そして第1位が2年連続で小倉優子となりました。小倉はかつて“こりん星出身”をアピールする不思議系キャラでしたが、ママタレに転身してからは、シングルマザーとして懸命に育児する姿が共感を呼び、女性からの好感度が急上昇。オリコンの投票コメントでも『柔らかく、可愛いママのイメージが好き』と絶賛されています」(芸能記者)

ママタレとして支持されるには、子育てと仕事を両立しながら、飾らない日常の姿を見せることが重要だと言われている。しかしママタレの中には、ある発言が原因で主婦層を怒らせてしまったタレントがいるという。

「2017年に放送されたバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、2児の母親である優木まおみが出演した時のこと。番組では優木が『ママタレランキングの上位に入りたい』と登場したのですが、私生活を見せるVTRの中で『自分へのご褒美としてバーキンの200万円するバッグを買った』と私物を自慢してしまったのです。11月16日発売の『フライデー』によると、この発言は贅沢自慢が嫌いな主婦層から大きな反感を買い、以降、テレビ局のキャスティング会議では、彼女の名前が挙がることはなくなってしまったそうです」(前出・芸能記者)

ママタレとして好感度を上げたいならば、メディアやブログでの贅沢自慢はタブーのようだ。
posted by かーくん at 17:08| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

多部未華子

女優の多部未華子が、ミュージカル『TOP HAT』でV6の坂本昌行の相手役としてミュージカルに本格的に初出演。初めてとは思えない歌やタップダンス、社交ダンスを披露すると、観劇した人々がSNSで「とにかく多部ちゃんかわいすぎ」、「キラキラだった…」とつぶやくなど話題になっている。2003年からコンスタントにドラマや映画、舞台、CMなど新たな作品に次々と登場し、そのたびに「あれ…多部ちゃんかわいくなった?」と、29歳にして“かわいさの記録更新”をしているようにも見える多部未華子。幅広い世代に認められる彼女の魅力とは

■芸能と学業を両立し、努力で着実に積み上げた女優としての地位

 多部は実は幼いころからからミュージカルが好きで、小5のときに感激したのをきっかけに、中2まで『アニー』のオーディションを受け続けていたという過去もある。周囲からも映像系の作品も受けて見たら?と言われ、現在の事務所に所属。2003年に映画『HINOKIO』のメインキャストに抜擢され、ブルーリボン賞『新人賞』を受賞するなど、スタートも順調。そして2007年には、ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)で連続ドラマに初出演し、嵐の二宮和也や櫻井翔と共演した。いきなりのヒロイン抜擢だが、絶世の美少女というタイプではなく、素朴な雰囲気を残しているところが逆に新鮮で、(この娘、誰?)と思いつつも、多くの視聴者の心にどこか気になる印象を残したのである。

 2009年、『つばさ』(NHK総合)で朝ドラのヒロインを演じると、民放のドラマにも次々と主演で登場する。『デカワンコ』、『ドS刑事』(ともに日本テレビ系)、映画『あやしい彼女』ではコメディエンヌとしての才能も開花させるなど、まさに女優として順風満帆、同時に大学を6年かけて卒業したというエピソードもあり、公私ともに“努力の人”であることがうかがわれるのだ。

■UQモバイルCMで魅せる、他の女優に引けを取らない存在感

 10代からコンスタントに活躍し続ける多部。石原さとみや北川景子、長澤まさみといったいわゆる“王道”タイプの女優とは言えず、どことなく“親しみやすさ”を覚えるところが魅力の彼女だが、最近は少し状況が変わってきているようだ。

 たとえば、UQモバイルのCMでは、お色気たっぷりの深田恭子、若手で伸び盛りの永野芽郁といった女優たちと、アニメ『キャッツ・アイ』の来生三姉妹のような“お色気シーン”も堂々とこなして見せたり、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)では結婚に煮え切らない彼(櫻井翔)にやきもきする適齢期の女性という、抑えた演技も披露する。アラサーになるにつれ、かつての素朴で健康的な少女のイメージから、「どんどん垢抜けてきた」、「またかわいくなった」など、同性の女性たちから称賛の声が聞かれるようになり、多部が意外に注視されていたことがわかったのである。

 歳を重ねて発揮される多部の魅力は、王道路線を歩む女優では醸し出せなない“味”とも言えるのかもしれない。あるときは不思議系の少女、またあるときは快活な少女を演じたかと思えば、世のお父さんに(こういう娘がいたらいいなぁ…)と思わせるような普通に“いい娘”を演じたりもする。いわばどんな役にも染まれるし、溶け込めるからこそ女優としての“需要”も増すのだろう。さまざまな役を演じることから、そのギャップ自体がそれぞれの“かわいさ”をも際立たせることになるのかもしれない。

■20%から150%まで? 振り幅で魅せる“移ろいゆくかわいさ”

 特に女性にとっても、多部未華子には自然な“手の届くかわいさ”があるし、感情移入しやすい演技を見せることからも、いわば“応援したくなる”存在となっているのではないだろうか。さらに言えば、多部のかわいさには一種の“あやうさ”や“はかなさ”も含まれているようで、150%、200%増しのかわいさを見せたかと思えば、その逆で20%のときもある。その瞬間、角度によってまったく違う表情を見せるのだ。だからこそ多部が出演するたびに「まだまだポテンシャルを持っているはず」、「あのときはもっとかわいかったのに、なぜ?」、「次回はよりかわいくあってほしい」などと、つい願わずにはいられなくなる、“応援したくなるキャラクター性”を兼ね備えているのではないか。特に150%、200%のかわいさをたたき出したときの“盛り上がり”はひとしおで、新しい作品に出演するたびに“かわいさ論争”が巻き起こるゆえんにもなっている。

 そんな“移ろいゆくかわいさ”を存分に発揮しているのが、現在上演中のミュージカル『TOP HAT』だ。SNSでも「かわいすぎる」、「初日に比べてどんどん歌がのびやかになっていくのがわかる」、「多部ちゃんがすごい頑張っていた」と好意的な声が多数上がる中、今までの多部には珍しく「曲線美がすばらしい」なんて声まであるあたりは、女性としての成長も感じられる。

 新しい作品に出演するたびに、かわいさを“更新”し続ける多部未華子。今後は女優としての活躍もさることながら、「あれ…多部ちゃんまたかわいくなった?」、さらに(あれ、多部ちゃんこんなにキレイだった?)との論争が起こることを期待したい。
ラベル:多部未華子
posted by かーくん at 14:34| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする