2018年10月25日

山口紗弥加

「このウジ虫野郎!」──強烈な目力で迫る美貌の演技派女優・山口紗弥加が、芸歴24年にして初の連ドラ主演を務める深夜ドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)で弾けているようです

 山口が演じるのは、仕組まれた不倫スキャンダルで芸能界から追放された元女優。ドラマは、現実にあった不倫スキャンダルによく似た謝罪会見シーンや覚せい剤使用の2世俳優の登場、かつて実際に不倫を報じられた人気男優がアイドルに枕営業を強要する筋立てなど、深夜枠とはいえかなり“攻めて”いる。しかも主題歌は“ゲス不倫”で世を賑わせた川谷絵音の「ゲスの極み乙女。」という徹底ぶりだ。

「芸能生活が長いので、ドラマで起きている出来事はいい面も悪い面もどこかで見聞きしてきたようなこと(笑い)。役作りには大体苦心しますが、今回はあえて私自身で臨むことに決めました。24年の経験で感じたままを表現する方が、生々しく伝わると思ったから」

 数々の現場で脇役を経験してきたが、初主演で学んだことも多いという。

「脇役は限られた出番の中に必ず表現するべき役割があって、瞬発力が必要になります。わざと誇張した“濃い味付け”をすることもあるけれど、作品を通して出番の多い主役には、控えめの“薄味”による持続力が必要だと気付きました。台本が完成する以前から、役柄や内容について打ち合わせを重ねたり……意見を求められることが多く何だか恐縮します(笑い)。新鮮ですね」

 とはいえ、オファーを聞いたときは嬉しい半面、戸惑いもあった。

「私のような“古株女優”にそんな話はもうないだろうって、どこか諦めていましたね(笑い)。漬物は古漬けが好きなんですが、発酵が進んで香りが強い方がご飯に合う気がして。だから今回は、38歳の今だからこその“古漬けの味”を出したいです」

 終始笑顔を絶やさずに屈託なく話す山口だが、その女優人生は順風満帆とはいえなかった。14歳でドラマデビューを果たした後、『笑っていいとも!』などのバラエティ番組に出演したり歌手デビューするうちに“色”がつき、本業の女優の仕事が激減。さらに、週に1度は繰り返される原因不明の高熱や体調不良に悩まされ、22歳で引退を決意。最後の仕事と挑んだのが、演出家・野田秀樹の舞台『オイル』だった。

「稽古開始早々に声を潰して、動けない。錚々たる役者の皆さんをお待たせする中、私だけの稽古が延々と続いて……逃げ出したくなりました。でも、いざ本番になると心が勝手に反応して、考えるより先に体が動くようになって。それは初めての体験で、驚くほどの高揚感、お客さんとの一体感は震えるほどでした。やめたくない──女優に縋(すが)ろうとする私がいました」

 その芝居を見た演出家の蜷川幸雄から声がかかり、『エレクトラ』という大舞台を経験。以後、『コウノドリ』や「絶対零度」シリーズなど連ドラ60本以上に出演する実力派女優に成長した。この数年は、1クールに数本のドラマに並行出演するほどの忙しさだ。

「息抜きはサーフィン。まだ初心者ですが、ようやく自分で波を選んで乗れるようになりました。日焼けができないので、夜中2時頃に起きて湘南や伊豆の海まで車を飛ばして、薄暗い日が昇る直前から1時間限定の至福のひと時。目鼻口だけを出した真っ黒のウェットスーツを着てるから周りから見たら変な人ですよね(笑い)」

 好奇心旺盛で多趣味と評判。山登りや釣りが大好きで、料理もプロ級の腕前という。たびたび友人を自宅に呼んで手料理をふるまう。

「好みの味があるから、外食するより自分で作る方が楽。自分が食べたいものを作るだけです。食べさせたい男性? ドラマの最終回で恋愛スキャンダル会見でもすれば話題にはなるかも?とは思いますが(笑い)、今は仕事が恋人。仕事に集中できるひとりの時間を大事にしたいから、結婚の予定もないし、興味も全然ないんですよ」

 残念ながら現実はドラマのようにはいかないようだが、今回ばかりはその役者魂で“意外な結末”を期待したい。
ラベル:山口紗弥加
posted by かーくん at 18:32| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

竹内由恵アナ 新たなる恋

 10月より「報道ステーション」(テレビ朝日)月〜木曜のスポーツ担当、金曜のメーンキャスターを務める竹内由恵アナウンサー(32)。サッカーの香川真司、バスケットボールの田臥勇太などとの交際で“恋多き女”としても知られるエースアナに、新たなる恋が発覚したようです

 10月20日午前零時すぎ、メーンキャスターの大仕事を終え、局近辺で人待ち顔の竹内アナ。柔和な笑顔のイケメンの姿を見つけると駆け寄り、その手をギュッと握る。人目を憚ることなく買い物をすませた2人は、竹内の自宅マンションへと消えていった――。

 竹内の知人によれば、このお相手は竹内と同年齢の、一般人男性だという。

 週刊文春は翌々日午後、局に向かう竹内アナを直撃。笑顔で応じた竹内アナは、交際を認め、「本気の恋?」との問いには「遊びじゃないです(笑)」ときっぱり答えた。

 2人のラブラブな様子や新彼氏の人物像など、詳しくは10月25日(木)発売の「週刊文春」で報じている。「 週刊文春デジタル 」では、竹内アナへの直撃取材の模様を収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年11月1日号
posted by かーくん at 17:09| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

温泉に入っただけで意識不明

2014年、北海道足寄町の温泉施設で、50代の男性客が入浴中に硫化水素中毒の疑いで意識不明となる事故が発生したそうです

「温泉に入っただけで意識不明になった」というショッキングな事故に、インターネット上が騒然となっている。

■硫化水素中毒で4年間意識不明に

北海道警は、「国の安全対策を怠って事故を引き起こした」として、施設運営会社の経営者の男性を業務上過失傷害容疑で週内にも釧路地検に送検するする方針を固めたことを、『読売新聞』が報じた。

温泉の浴室で発生した硫化水素による中毒を理由に刑事責任が追求されるのは初めてとのこと。

経営者の男性は、国の安全対策を怠り、温泉の注入口を浴槽の底に設置するなどし、2014年10月、男性客を硫化水素中毒で意識不明の重体にさせた疑い。男性客は脳機能障害と診断され、事故からおよそ4年が経った現在も、意識不明の状態が続いているという。

■安全対策を怠れば、死に至る危険性も

問題となっている「硫化水素」とは、高濃度のものを吸い込むと頭痛や呼吸障害を起こし、死に至ることもあるのだそう。

国は、一定量の硫化水素を成分に含む温泉施設を対象に、空気中の硫化水素の濃度が基準値を超えないよう、温泉の注入口を湯面より上部に設け、空気と触れさせて薄めるなどの安全対策を定めている。

なお、経営者の男性は今年7月、事故について「ノーコメント」としているという。

■「誰でも被害に遭う可能性がある」と騒然

温泉に入っただけで脳機能障害となってしまった恐ろしい事故に、インターネット上は騒然。『Yahoo!ニュース』では、様々な声が寄せられている。

・恐ろしいな…

・誰でも被害に遭う可能性が有る、運が悪かったでは済まされない。4年間意識不明ってお金の事を含めて家族の方は大変やろうな

・温泉が流れるとこを少し高くしてるのは見た目だけかと思ったらちゃんと意味があったんですね

・4年も経っての送検とは遅すぎる。意識不明の被害者が泣き寝入りする事だけは避けてほしい

・経営者ばかりではなく、温泉に入る人にも注意掲示が必要です

「温泉のお湯が高い位置から出ていた理由」に合点がいった、といった声も目立つ。

■「ノーコメント」に怒りの声

また、被害者が重体となる事故が発生しているにもかかわらず「ノーコメント」としている経営者の男性の対応には、怒りの声もあげられている。

・ノーコメントはひどいな

・温泉が繁盛するこれからのシーズンにこの話じゃ、温泉不審にもなり兼ねない。経営者のノーコストはもってのほか。原因をもっとはっきりして欲しいと思う

・コメント拒否なのは、今後裁判で弁護士をつけるため、不利な発言をうっかりしてしまわないためだろうな。のちのち弁護士と打ち合わせして主張を変えれば辻褄が合わなくなるからな。実に卑怯だ

・誰かが責任を取らないといけないだろうが、この人だけを責めるのは違和感がある。監督する立場の機関も同罪じゃないのかな

中には、「この男性1人だけが責任を問われることに違和感を感じる」といった声も。

秋も深まり、温泉が恋しくなる季節に報じられたショッキングな事故。安心して温泉を楽しめるよう、今一度安全対策について見直し、徹底されることを願うばかりだ。
posted by かーくん at 15:56| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする