2018年04月19日

木梨憲武

「唯一のレギュラー番組が終わったことで、木梨さんが芸術家に転向するのではと一部で報じられています。しかし、本人はこれからもバラエティで活躍していきたい思いが強いといいます」(芸能関係者)

3月22日の放送をもって終了した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。最終回ではとんねるずの石橋貴明(56)と木梨憲武(56)が2人の代表曲『情けねえ』の替え歌を熱唱し、視聴者から惜しまれつつも30年の歴史に幕を閉じましたね

「石橋さんは4月から新番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)がスタートしましたが、一方の木梨さんはレギュラー0本。今後を不安視する声も聞こえてきます」(前出・芸能関係者)

そんななか、4月10日に放送された、日本テレビ系のバラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』の1周年記念ゲストとして木梨がサプライズで登場した。番組では113名の芸人を引き連れた木梨が、3万ボルトの電流が流れる“ビリビリゲーム”に初挑戦したり、時速100kmのピンポン玉マシンガンを撃ちまくったりと大暴れ。放送直後、ネット上では《さすがノリさんだわ〜》《今日のガヤ、神回でしょ》と評判になっていた。今回の木梨の出演は、業界でも注目の的だったという。

「実は、過去のレギュラー番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)が01年に終了して以降、とんねるずは日テレの番組に出演していません。17年もの間、事実上の“出入り禁止”だったんです。放送前から“出禁”が解消されたと話題になっていました」(テレビ局関係者)

そして、このこと以上に業界を騒然とさせたのが――。

「『みなさんのおかげでした』のギャラは、企画構成料等も含めるととんねるず2人で1本1,000万円と言われていました。他局の単発ゲストでも1本200万〜300万円が相場でしたが、今回の『ウチのガヤがすみません』は、なんと1本30万円だったそうです。これまで高いギャラを敬遠して木梨さんを起用しなかった局は多い。ですから今後は各局からオファーが殺到するかもしれません」
ラベル:木梨憲武
posted by かーくん at 19:23| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

TRENE

大切な荷物の見張り番!小さなパートナーTRENE

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モニタリングアラーム トレネ ブラック TRN10クロ 1台
価格:6450円(税込、送料無料) (2018/4/18時点)


posted by かーくん at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

AAA末吉秀太

AAA末吉秀太(31)がソロ活動名義「Shuta Sueyoshi」として今夏に配信予定だった新曲「M.A.K.E.」が、はるまきごはんの楽曲「八月のレイニー」に酷似し、不正行為があったとして17日、作曲を担当した森大和氏が所属していた「ラブスマイルミュージックジャパン」が謝罪したようです

 同社のホームページでの発表によると、今月11日に東京・日本武道館で行われた末吉のライブで発表された「M.A.K.E.」が、「八月の−」に似ているという声が上がり調査したという。

 その結果、「森が『八月のレイニー』をコピーした音源を自身のデモ作品として偽って当社に提出していた事実が明らかになりました。提出されたこのデモ音源につきまして、当社から森に完全に自身のオリジナル作品であるか再三に渡り確認を取ったにも関わらず、制作から公開に到るまでの間にも、森からコピーであることの申し出はなく、様々な虚偽の証言を並べ関係者を欺き続け、今回の事態が生じました」と説明。「このような事態が発生したことは誠に遺憾であり、はるまきごはん様、Shuta Sueyoshi様、はじめ関係者各位、ファンの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 同社は森氏とのマネジメント契約を解除し「今回の事態を非常に重く受け止め、さらなる指導教育の徹底、管理体制の一層の強化に尽力し、再発防止に全力で努める所存でございます」としている。

 発表を受けて末吉はツイッターで「いつも応援してくださっている皆さん、関係者の皆さん、この度は心配をかけて本当に申し訳ありません。今回、実際にこのような事態が起こってしまって俺自身も驚いたし、正直とても残念な気持ちです。作品ひとつひとつに対する思い、姿勢はこれからも変わらないので、引き続き応援していただけたら嬉しいです。今後も納得のいく作品づくり、そしてパフォーマンスができるよう、前を向いて頑張ります!」とつづった。

 所属レコード会社によると、同曲を配信するかを含めて、各所に確認し、検討していくそうです
posted by かーくん at 21:04| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする