2018年01月28日

YouTube広告を利用した悪質なマルウェア

IT関連でマルウェアと言えば一般に、何らかの方法で悪意あるソフトが不特定多数のユーザに対して攻撃を行う事を指し、アンチウイルスソフトなどで防御するのが普通かと思います

ところが最近になって、YouTubeの広告にウイルス等と判別できないタイプのマルウェアが確認され、問題になっているようです

例えばPCにはウイルスに対抗する様々なソフトウェア等が用意されており、未然にウイルスへの感染を防ぐ他、感染していた場合の除去作業などを行う事ができますね。

これはウイルスと呼ばれるソフトウェア群がウイルスと判断できるから可能な対処であり、もしその判断がされなかった場合、ウイルスに通常のプログラム同様の動きを許可してしまいます。


今回新たに確認されたマルウェアは、何とYouTubeで自動再生される広告に仕込まれており、かつ現状ウイルスと判断できる材料が見つかっていないマルウェア。

このマルウェアの行動は至って単純で、広告を再生したデバイスの処理能力を利用してMoneroという仮想通貨をマイニングし、秘密裏にハッカーが仮想通貨を手に入れるというもの

実はこのマルウェア、CoinHiveと呼ばれる「邪魔なWeb広告の代わりに仮想通貨をページ閲覧者にマイニングさせる」サービスの機能を利用しており、実質マルウェアではあるもののマルウェアと判断する材料がないんです。

ユーザ側の実害は「デバイスのCPUをマイニングに利用される」だけで、例えば個人情報などの流出や監視、何らかのウイルスのインストールを行うワケでもないので、現状アンチウイルスソフトなどで対処する事はできません。

まだ発見段階でスマホにも同様の被害が発生するのかは不確かですが、現にAndroidではCoinHiveを利用してユーザに知らせる事なく開発者のMoneroをマイニングしていたアプリも見つかっており、無関係とは言えない状態です。

一応対抗手段としてJavaScriptの使用を禁止するという手があるのですが、コレを行うとそもそもYouTubeの視聴はおろか、ほとんどのWebコンテンツをまともに利用できなくなるので、対策は現状ないものと言えるでしょう。

まとめ

YouTube側もすでのこの事実を確認し対抗策を講じているとの事ですが、仕組みが仕組みだけに自動でこのマルウェアをブロックするのは非常に難しいと考えられています。

一応実害はほぼ無いと言えなくもないのですが、許可なくCPUを他者の仮想通貨マイニングに利用されるというのは、気持ちの良いものではありませんね。
posted by かーくん at 21:29| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

藤崎マーケット・トキ 仮想通貨消失

 取引所大手「コインチェック」の仮想通貨「NEM(ネム)」の大量流出の被害者であることをSNSで告白したお笑いコンビ「藤崎マーケット」のトキ(33)が27日、大阪市内で取材に応じ、「なぜ貯金のほとんどをつぎ込んでしまったんだろう」と嘆いたそうです

 仮想通貨ブームが広がる芸人界で、トキが仮想通貨の取引を始めたのは昨年12月。それまでに書籍を読んだり、先に始めている先輩芸人・たむらけんじ(44)らの助言を受け、最初は少額から始めた。徐々に投資額を増やし、「貯金を卵に例えたら5個中4個はつぎ込んだ」と説明。一時期は「3〜4倍に増えるくらいもうかっていた」と明かした。

 直近も「かなりプラスだった」という中で26日、突然の悲報。翌日のピン芸No.1決定戦「R―1ぐらんぷり」3回戦に向けてのけいこ場で、休憩中にネットニュースを読んで流出の事実を知った。すぐに会見の中継を見たが、「もう真っ白。“助けてくれ〜!”って楽屋を走りまくった」と振り返った。

 帰宅後は酒を飲み、翌朝に控える生放送番組に向けて寝ようとするも、ショックで「ほぼ寝られなかった」。トキにとっての仮想通貨の“師匠”・たむけんには「まだ言ってないけど、あの人のせいだと思う」と八つ当たり発言も飛び出したが、「いや、仮想通貨は自己責任です」と肩を落とした。周囲からは「負けるな」「急落している今こそ(仮想通貨を)買え」などと励ましや助言の言葉が届いたが、「こりごりですね。買うにも元手がないですから」と、再び手を出す勇気はないようだ。

 この日はR―1出番前での取材となったが、「ネタが頭に入らなくてカンペを仕込んだ。普段はこんなことしないんですけど」と、ネタが飛んだ場合に備えて文字を書き込んだ手の甲をチラリと見せた。R―1の優勝賞金は500万円。失意の中での出場となるが、「こうなったらR―1(で優勝を)とるしかない」と、損失を本業で取り返すべく自身を奮い立たせていた。
posted by かーくん at 23:11| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

カズレーザー

「人を見た目で判断してはいけない」と言いつつも、第一印象で「ステキ」「優しそう」などと印象を抱くことはあるだろう。また「性格が悪そう」「関わりたくない」と嫌悪感を抱いてしまうことだってある。

このことについて、23日深夜に放送された『ゲスト メイプル超合金』(フジテレビ系)でのメイプル超合金・カズレーザー(33)の発言が話題を呼んでいるそうです

番組では、若者たちが本音でぶつかりあう「本気10代話し場」の企画を放送した。その中で、音大に通う19歳の女子大生から「人を見た目で判断するな」との怒りが語られた。

チャラチャラと遊ぶこともなく、真面目に頑張っているにも関わらず、服装や顔を理由に周囲から「チャラい」と言われるのだという。出演した若者たちからも「チャラい」「チャラく見えるのはわかる」との評価が下された

この問題についてカズレーザーは、金髪に全身が真っ赤の服装である自身の見た目を例に出し「見た目で判断されることは多い」とコメント。お笑い芸人という職業柄もあってか「どうやったら人の記憶に残ってもらえるか」との考えを示した。

そして「なぜその外見を選択したか、すべてに理由がある。服を選んでいるのにも理由があるわけで、その人の内面すべてがあらわれる」と持論を展開。自分の意志で選択したものに対しての偏見に「それはヤダ」と言うのは自分勝手だとした。

人に抱いてほしい明確なイメージがあるのなら、そのイメージにのっとった見た目になるべきとし、「真面目に思われたいんだったら真面目に思われる格好をするべきじゃない?」とアドバイスしたそうです
ラベル:カズレーザー
posted by かーくん at 22:07| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする