2017年12月28日

輝星あすか 妊娠

女子高生アイドルの輝星(きらぼし)あすかさん(18)が、第1子を妊娠したことをツイッターなどで発表したそうです

お相手は、約2年前から交際していたという担当マネジャーの男性(22)だ。

 この発表に大きなショックを受けたのが、これまで輝星さんの活動を応援してきたファン達だった。妊娠を伝えたツイートに、「幻滅しました...」「最悪の裏切り行為」といった怒りのリプライ(返信)が相次いだのだ

 輝星さんは東京都内を中心に活動するアイドル兼シンガー。2017年10月まではアイドルグループ「Star-Bright」メンバーとしても活動していた。ブログのプロフィール欄では、自らの肩書について「アイドルロッカー」などと説明している。

 そんな輝星さんは12月21日、自身のツイッターで「重大発表」「この度妊娠いたしました」などと報告。続けて、「隠すつもりはありません」として、相手はマネジャーの男性だと明かした。結婚については一切言及していない。

 この発表文の中で輝星さんは、

  「これを見てびっくりする方も沢山いると思います!あすかから離れる方もいると思います。でも、あすか今までの活動は辞めません。これからもいやこれからはお腹の子と一緒に頑張っていこうと思います!」(原文ママ)

と今後の抱負もつづっている。

 この発表を受けて、担当マネジャーとの間に第1子を授かった輝星さんのツイッターには厳しい意見が殺到。なかでも、彼女のファンとみられるユーザーからは、

  「幻滅しました...。ましてやマネジャー相手なんて最悪じゃないですか!! まぁ、私はファンやめますが、どうか末永くお幸せに」
  「おめでとうございますってお祝いしたいところですがさびしさと絶望感が半端ない」
  「ファン辞めます。マネジャーとかとやって子供育てるなんてファンに対して失礼だわ」

といった投稿が寄せられていた。

このように妊娠に批判的な反応が相次いだことを受け、マネジャーの男性は27日昼にツイッターを更新し、

  「今回の件に関してですが、私がしたことは応援してくださっている方々への裏切りであり、やってはいけないことと認知しています。改めて謝罪致します。大変申し訳ありませんでした」

とお詫び。また、輝星さんも同日昼のツイッターで、ファンや関係者に対して「迷惑をかけてしまい本当にごめんなさい...」と謝罪していた。

 その後、27日夜には輝星さんの公式ブログに「妊娠報告について」と題した記事が掲載された。マネジャーが書いたもので、記事の中では「ファンの方々に対する申し訳ないという気持ちとは別に正直うれしさもあります」と言及。その上で、

  「新たに生まれてくる命の一父親になると考えると心から込み上げてくるうれしさがありました(中略)すべての意見を受け入れ、マネジャーとしても父親としても世界一になれるよう精進していく所存です」

と前向きな思いをつづっている。

以前から子供が欲しいと話していた
 このブログやツイッターでの説明によれば、2人は約2年前から交際を続けており、以前から子供が欲しいと話していた。出産予定日は18年6月。ライブ活動は18年1月の公演を最後に休止し、その後は母子の体に負担がかからない形で活動していくという。

 なお、このマネジャーは27日のツイッターで、一般ユーザーから寄せられた「アイドルとして1番やってはいけない発表ではないか」という趣旨の投稿に対し、「とっくにアイドルは卒業しています」と返信。その上で、

  「タレントに手を出したのにも関わらず、マネジャーは続けるつもりです。逃げるつもりはありません」(原文ママ)

ともツイートしているそうです
ラベル:妊娠 輝星あすか
posted by かーくん at 21:15| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

松本潤

嵐の松本潤が22日放送の音楽特番「ミュージックステーション スーパーライブ2017」(テレビ朝日系)で、ファンであれば誰もが羨ましがるファンサービスを見せ、ファンをザワつかせているようです

この日の大トリを飾った嵐はメドレーで3曲を披露。最後の「Love so sweet」では、メインステージからサブステージにメンバーたちは移動しながら歌った。サブステージへの外周通路は、スタンド最前列から手を伸ばせば届くぐらいの距離感。観覧客は目をキラキラさせて見つめていたのだが、松本はその中の一人に自ら手を伸ばして触れ合い、その女性が嬉しそうにはしゃぐカットが映された。

まさかのサービスに観覧客が感激するのは当然だが、テレビを観ていた嵐ファンからは「悔しくて、家で悶絶してしまった」「今、あの女触ってたよね」「絶対許さない」といった物騒な声が上がるなど、羨ましいというより、嫉妬に燃えるファンもいたようだ。

「2015年の同ライブでは、サンタの仮装をした女性が二宮和也の腕をガッチリ掴んでいる瞬間が放送されたことがありました。その時は女性がやり玉に挙がり、誹謗中傷を浴びるという事態に。今回は、明らかに松本の方から手を差し伸べていたのですから、ファンも大目に見てほしいですね」

最近では、嵐と乃木坂46のスペシャルコラボで嵐の曲の歌詞を間違えてしまった乃木坂の齋藤飛鳥が嵐ファンに叩かれ、謝罪したこともあった。嵐ファンのエネルギーは凄まじいだけに、大事にならないことを願うばかりだ
ラベル:松本潤
posted by かーくん at 19:17| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

香取慎吾 週刊文春

SMAP解散から約1年。新たな活動を始めた香取慎吾(40)が、「週刊文春」に初登場したようです

芸能界の父と慕う欽ちゃんこと、萩本欽一(76)からの誘いを受けて、文藝春秋本社において対談が実現したようです

「いやあ、本当に来たねえ、慎吾が! 俺も長いことやっているけど、慎吾を文春の本社で見られると思わなかったね」(欽ちゃん)

「来ちゃいましたね」(香取)

 香取が10代のころからのつきあいという2人の息のあったやりとりから始まった対談は、やがて、“核心”へと入っていく。

「新しい地図」立ち上げ前夜のことを、香取は「稲垣(吾郎)と草なぎ(剛)と3人でたくさん話し合った」と明かした。

「実は、僕の方から彼らに『一緒にやろうぜ』と言ったわけではないんです」

 さらに今後のことについて問われると、香取はこう語った。

「僕はこの世界でたくさんの経験をしてきたと思っていたけれど、本当はまだまだ経験したことのないことが山ほどあるんですね。そういう新しい経験を一つひとつ、していきたいですね」

 撮り下ろしグラビアを含む全11Pの対談のなかで、香取が自らの口で初めて語った「あのとき」の葛藤と「これから」の希望とは――? 詳細は、12月27日(水)発売の「週刊文春」で報じている。
posted by かーくん at 18:52| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする