2017年11月24日

トラウデン直美 慶大法学部政治学科に合格

ドイツ人の父と日本人の母を持つハーフでファッション誌「CanCam」の専属モデル、トラウデン直美(18)が、慶大法学部政治学科に合格したことが23日、分かった。NHKの国会中継をよく観るなど政治に関心があったことから、閣僚経験者も多く輩出している同校への進学を決意。中学校の成績はオール5という才色兼備の18歳は「大学で学んだことをお仕事にも生かしたい」と誓った。

 長い手足に、抜群のスタイル。13歳で「CanCam」史上最年少専属モデルとしてデビューした逸材が、超難関大学に一発合格だ。

 受験したのは学力試験を課さず、試験だけでは測れない才能や適性を面接、小論文などで判断するAO入試の一種で、慶大法学部が2006年に導入したFIT入試。同学部を第1志望とすることが絶対条件で、A方式とB方式があり、トラウデンは日本を7つのブロックに分け、ブロックごとに最大10人の合格者を出すB方式で合格。9月26日に合否が発表されたといい、サンケイスポーツの取材に「ホッとしました」と頬を緩ませた。

 京大のドイツ語教師を務める父の影響で幼いころから政治に関心があったというトラウデンは高2のとき、自身の芸能界入りのきっかけとなった「ミス・ティーン・ジャパン」の初代グランプリで元モデル、坂口莉果子さん(20)も在籍する慶大への進学を決意。

 高校では生徒会でも活躍する努力家は、仕事もこなしながら、国会中継を観て自分なりに考えたり、英語の洋書を読み込んだりと猛勉強。「自分を追い込むことで、頑張らないといけないというモチベーションを作りました」と振り返る。

 来年4月には京都から上京し、一人暮らしを始める。仕事の面でも本腰を入れられる環境になり「選挙特番やキャスターの仕事もやってみたい」と夢は膨らむばかりだ。

 政治に関心があるタレントといえば、来年3月末で芸能活動を無期限休業する日本とスイスのハーフタレント、春香クリスティーン(25)が趣味を生かして報道番組のコメンテーターなどで活躍。トラウデンも仕事の幅を広げそうですね
posted by かーくん at 14:15| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

ドコモ 変態端末

NTTドコモが独自のスマートフォンの開発に力を入れ始めたようです
米アップルなど世界のスマホメーカーや各国の携帯事業者が注目する折り畳み式を、海外通信企業の技術も取り入れていち早く開発。第1弾として年明けに2画面の折り畳み式スマホ「M」を投入する。さらに3画面折り畳み式なども構想中だ。ドコモはインターネット接続サービス「iモード」時代に日本独自の進化を遂げて「ガラケー」と呼ばれた従来型携帯電話を多数生み出したものの、海外展開には失敗。これを教訓に、海外企業と手を組んで開発した独自色ある次世代スマホで世界の携帯市場での存在感を高める

 今夏、無線技術者として日本初の携帯電話開発に携わったドコモの吉沢和弘社長が森健一執行役員に見せた古い資料には「未来の携帯電話」として、今のスマホのような端末のコンテ図が描かれていた。その資料は、数字のみを表示する携帯電話しか世になかった1990年代前半のものだったという。

 「あ、やはり、ドコモの前身(エヌ・ティ・ティ移動通信網)の時代から、こういう未来の携帯電話を開発する思いは魂としてあったんだと感じ、社長から大きく背中を押してもらった」

 森氏は、将来のスマホ構想を吉沢氏に説明した際のこんなやり取りを打ち明けた。

 将来のスマホ構想の中には、「変態端末」と呼ばれるほど独自色豊かな機種もあったガラケー時代の技術を応用したものもあるという。来年1月以降に発売するMは、2つの画面を合わせて大画面で動画視聴などを楽しめるが、ガラケー時代にあった画面部分とキーボード部分が2つに分かれるセパレート式など「やりようによっては受けるかもしれない」と森氏は意欲を示す。

 「ガラケー時代に変態端末を開発した精神が、今の技術で新たな商品として新しい光を放つこともあるのでは」とも意気込む。

 ただ、もちろん、一部の物好き向けだけに独自スマホを開発し続けるつもりはない。Mは、現在の10倍の高速大容量通信が可能になる第5世代(5G)移動通信方式の2020年実用化を控える今だからこそ開発する意味があると考える。

 森氏は「大画面で大容量の動画を見ることができるようになる5Gの時代が到来すると、大画面と持ち運びやすさを両立できる折り畳み式は、スマホの業界標準になる可能性もある」と予想する。実際、Mは、ある国の携帯電話事業者から「自国の他の携帯事業者が販売できないよう、当社と独占契約を結んでくれ」と頼まれるほど好評だったという。

 「折り畳み式スマホは今後、第2弾も第3弾もある。スーツの内ポケットから取り出して3画面に広げてタブレット端末並みの大きさにできれば電子版の新聞も見やすい。私自身も欲しい」

 森氏はこう構想を語る。

 ◆ガラケー時代の教訓

 ガラケー時代にさまざまな独自端末を国内メーカーと共同開発したドコモを含む日本の携帯事業者は、海外展開に失敗した苦い過去がある。

 だからこそ、ドコモは今回、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)と組んでMを開発。その上で、積極的に海外携帯事業者へセールスするなど当初から「海外」を見据えていた。その結果、米通信大手AT&Tと英大手ボーダフォンが販売を決め、ロイヤルティー収入もドコモに入る仕組みになっている。

 ただ、世界のライバルも指をくわえているわけではない。Mは2画面をヒンジ(ちょうつがい)でつなぐ方式のため、どうしても画面と画面の間に隙間が生じる。これに対し、韓国サムスン電子は画面そのものを折り畳み、見開きで楽しめるスマホを来年にも商品化する見通しだ。耐久性など商品化のハードルは高そうだが、得意とする有機ELパネルの曲がる特性を生かし、こうした課題の克服を急ぐ。アップルも折り畳み式iPhone(アイフォーン)を検討しているとみられる。
ラベル:ドコモ 変態端末
posted by かーくん at 23:05| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

菜々緒 情熱大陸

身長172センチにして股下85センチの“奇跡の9頭身”。その類いまれな容姿と魅惑的な表情を武器に、女優、モデルとして活躍してきた菜々緒がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、11月26日午後11時〜11時半)に登場するそうです

楽しみですね

 近年様々な映画やドラマで“悪女キャラ”を熱演しそのインパクトが話題を呼んでいる菜々緒。「“悪女と言えば菜々緒”といわれるのは光栄。スタッフから100を求められたら120以上を返したい。見てくれる人の心を揺さぶりたい」と語り、演じる役柄にあわせて自らメイクを施し、眉の角度1ミリにもこだわりながら、細部まで役作りをしている。

 画面の向こうで不敵な笑みを浮かべる“悪女”は本当はどんな女性なのだろうか?

 番組では「“悪女の素顔”を見たい」とオファー。撮影現場を忙しく飛び周り、様々なキャラクターを演じわける菜々緒の日常に密着し、どうやって“悪女キャラ”が作られていくのか、その秘密をのぞいた。

 そして、プライベートで最近、彼女がハマっているのが「一人旅」。

「誰も私を知らない場所で、役から離れて“素”の自分に戻りたい」と言って、仕事の合間を縫って、頻繁に外国へと一人旅に出かけている。今回、特別に番組スタッフを誘ってくれた旅先は、南国パラオ。マネージャーもなし、ほぼスッピン。雄大な自然や島の人々との触れ合いの中で解放され、今まで見たことがない表情や本音を見せ始めた。

 女優、菜々緒29歳。その知られざる素顔に迫る。

<プロフィル>菜々緒(ななお) 1988年埼玉県生まれ。高校時代にスカウトされモデルデビューし、2012年TVドラマ「主に泣いてます」で主役に抜擢され女優活動を始め、数多くのTVドラマや映画で演じたインパクトのある悪女役が話題を呼ぶ。抜群のスタイルでベストジーニスト賞2年連続受賞、「理想のスタイル女性芸能人ランキング」で1位に輝く抜群のプロポーションは、食事制限ではなく日々のトレーニングの賜物。目指すのは、女性らしいメリハリのあるボディーで、今はヒップアップに力を注いでいるとか。取材前、本人は「私は本当に普通で、そんな面白い絵が撮れるとは思えないので、大丈夫かなと思っているんですけれど……」と初めての密着取材にちょっぴり弱気。大の猫好きという29歳。
ラベル:菜々緒 情熱大陸
posted by かーくん at 21:32| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする