2019年07月19日

宮迫博之

 吉本興業は19日、詐欺グループの会合に闇営業で参加し、所属する吉本興業から活動停止の謹慎処分となっていた雨上がり決死隊・宮迫博之(49)とのマネジメント契約を解消することを発表したようです

 書面では「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付けでマネジメント契約を解消しました」と報告。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

 続けて「多くのファンのみなさま、関係各位に多大なるご迷惑ご心配をおかけしておりますことを重ね重ね深くお詫び申し上げます」とした。なお、一部で会見の報道があったが、吉本は「会見の予定はございません」としている。

 宮迫は、6月7日に発売された写真週刊誌『FRIDAY』で、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(すでに契約解消)が仲介した詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられ、その後、説明と謝罪。

 吉本側は6月24日に、宮迫のほか、同じく闇営業に参加していたロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成、くまだまさし、ザ・パンチのパンチ浜崎、ムーディ勝山、天津の木村卓寛、2700の八十島宏行と常道裕史、ストロベビーのディエゴら11人を活動停止の謹慎処分とすることを発表していた。

 宮迫をはじめ、当初は、金銭は「もらっていない」などとしたが、後日、金銭の授受が発覚。7月13日に吉本は闇営業で取得した収入について税務修正申告とNPO法人消費者スマイル基金、NPO法人消費者機構日本に対しての寄付を発表。その際に、別の闇営業をしていたスリムクラブの真栄田賢、内間政成らの件についても同様に報告した。

 なお、宮迫においては、きょう19日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で3年前に福岡市で約7億6000万円相当の金塊を盗んだとして窃盗罪に問われた人物らと、飲食店で同席したとされる内容と写真が報じられている。
ラベル:宮迫博之
posted by かーくん at 14:23| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

24時間テレビ マラソンランナー

『24時間テレビ』(日本テレビ系、8月24〜25日放送)のマラソンランナー発表は異例の連続だった。4人の駅伝方式(計168.78キロ)で、まず、いとうあさこ(49)とお笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)の名前が明かされた。残り2人も近日中に発表される見込みだが、さらなるサプライズが用意されているそうです

 そもそも駅伝方式というのも、段階的に発表されるというのも異例のことだ。その理由を日テレ関係者が語る。

「例年5月末、遅くても6月中には発表されていました。100キロ以上を走るにはそれなりに練習期間が必要ですから早めがいい。当初から、視聴率が低迷していた『世界の果てまでイッテQ!』の出演者からランナーを輩出する方向は内定していました。日テレの基幹番組である『イッテQ!』を再度盛り上げるのが目的です。

 その中で本命だったのは宮川大輔さん(46)で、本人にも打診していたはず。ところが、吉本芸人らを巡る闇営業問題が発覚。『24時間テレビ』は寄付を募って成立するチャリティー番組ですから、芸人が暴力団や詐欺集団などの“反社”から謝礼をもらっていたという構図は連想すらされてはいけない、絶対的なNG。宮川さんはこの騒動とは無関係ですが、闇営業問題で謹慎処分を受けた宮迫博之さん(49)らと近い関係であることから、思わぬ連想がないよう、急遽見送られたのだと思います」

 結果、練習時間が少なくなってしまったために駅伝方式が採用されたと、この関係者は分析している。

 残る2人について、インターネット上では、日テレ系の情報番組『ZIP!』の金曜メインパーソナリティに就任したばかりの吉田沙保里(36)や、元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈(36)らが予想されている。練習時間が少ないため、元アスリートという選択はもっともらしいが、先の日テレ関係者はこう語る。

「やはり『イッテQ』で固めると思います。そこでサプライズとして浮上しているのが、木村佳乃さん(43才)です。最近、木村さんは『イッテQ!』で芸人さんと体を張った共演をして、新しい一面を見せています。5月に1年ぶりに出演した回も高視聴率でしたし、『イッテQ!』の視聴率V字回復には必要不可欠な存在です。彼女が駅伝のアンカーとなり、ゴールの東京・両国国技館では夫の東山紀之さん(52)が待ち構える。最後は木村さんと東山さんが一緒にゴールし、メインパーソナリティの嵐が祝福するという絵が最高のフィナーレになると見ています」(前出・日テレ関係者)

 果たしてビッグサプライズは実現するだろうか。
posted by かーくん at 09:04| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

アメトーーク

反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚した、雨上がり決死隊・宮迫博之が出演していたテレビ朝日系「アメトーーク!」が11日、放送された。宮迫が謹慎処分となって3回目の放送で、司会の蛍原徹の左側にいる人物の腕が何度も映り込み、これまで同様に宮迫出演シーンが全カットされたもようだが、今回は「ゲスト」としてフットボールアワー後藤輝基が不思議な登場をしたようです

 今回のテーマは「喫茶店大好き芸人」で、ロバート・秋山竜次、千原ジュニア、ピース・又吉直樹らが出演。ここに後藤が「ゲスト」とのテロップ紹介で現れ、実質、蛍原とともに司会を務めた。

 芸人らの話に「えっー」「それは、ないなあ」とリアクション。しかし、爆笑するシーンでは蛍原と後藤の画面が別々に並べられた。

 秋山との会話の応酬もあったが、蛍原と一緒に映ることはなかった。

 不自然さが残る放送に、ネット上はさまざまな分析が。

 後藤が後撮りで出演し、宮迫の発言部分をアフレコで担当したとの見方が流れ、しかし、会話に見事に入り込んでいることから「別撮りだったら後藤はこれプロだね」「後藤プロだな〜」のコメントも。

 一方で、後藤の右側にも腕が映るシーンがあったため、左から後藤、宮迫、蛍原と並んで撮影された番組から、宮迫だけがカットされたとの見方もある。
ラベル:アメトーーク
posted by かーくん at 15:27| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする