2019年07月18日

ザキヤマ オードリー春日

7月16日放送の「噂の現場急行バラエティー レディース有吉」(毎週火曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)では、浮気率が高い都道府県ランキングを発表。ゲストのザキヤマこと山崎弘也がオードリー・春日俊彰の名前を出し、謝罪する一幕があったそうです

■ 夫の浮気を疑う女性の浮気調査に密着

番組前半では、DNA鑑定による浮気調査に注目。実際に夫の浮気を疑う女性に密着した。

芸人である夫・斗澤康秋(おはよーサンフランシスコ)の浮気を心配する美由紀。男女コンビを組む夫が、仕事と言いながら浮気をしているのではと疑っている。

まずは夫婦それぞれのDNAを採取するために使用済みの歯ブラシを用意。続いて、夫の使用済みのパンツを集め、そこから夫婦以外のDNAが検出された場合、浮気が確定するという。

美由紀はDNAを保存するために、一週間分のパンツを保存袋に入れて冷凍庫に入れるという徹底ぶりで収集。

だが、最終的にDNA鑑定は本人の了承なしは行えない。美由紀は同意書にサインをしてもらうために、夫に詰め寄る。康秋は浮気を疑われていることに不満を持ちながらも、現在妊娠中の美由紀から不安を訴えられると渋々サイン。

鑑定先に送り、一週間後、鑑定結果が判明する。パンツ1枚ずつ鑑定結果を見ていくと、康秋は潔白とわかり、美由紀は疑ってごめんなさいと謝罪。

費用はパンツ1枚につき45000円で、合計47万5千円かかったことが明かされた。

■ 浮気率が高い都道府県1位は埼玉県

スタジオでは浮気率が高い都道府県ランキングを発表した。浮気率が高い県の1位は埼玉県。東京・横浜への電車の乗り入れがよく、地元を避けて遊べるためという理由も明かされる。

有吉弘行は、埼玉出身でゲストの山崎に「周りの友達多い?」と質問。山崎は「春日くん!」と、先日、浮気報道があった春日の名前を即答。

しかしすぐに「ごめんね、春日くん。こんないないところで。とんでもない事故で申し訳ない」と謝罪。「私もなんで名前を出したのか、後悔はしているけど」と反省した。

放送後、視聴者からは「潔白でよかったねえ」「浮気調査のDNA調査に50万近く掛かるのか」「男性の浮気率No.1は埼玉なんだ」などのコメントが寄せられていた。

次回の「レディース有吉」は7月23日(月)夜10:00より放送予定。(ザテレビジョン)
posted by かーくん at 10:37| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

上重聡アナ 安座間美優

2011年から交際していた、日本テレビの上重聡アナウンサー(39)とモデルの安座間美優(32)が、今年に入って破局していたことが15日、分かったようです

 関係者によると、2人はすでに周囲の知人らに別れたことを報告済み。結婚秒読みとみられてきたが、友人は「8年にわたる交際で結婚の時期を逃した部分もある。互いに将来を考える中で、別々の道を歩んだほうがいいと決断したようです」と話している。

 2人は11年から交際。きっかけは日テレ「ズームイン!!サタデー」での共演だった。週刊誌で熱愛が明らかになると、同年11月のイベントで安座間が交際宣言。12年に安座間が報道番組のキャスターに挑戦する際には、上重アナに発音法などを教わり「ほれ直しました」とのろけるなど、オープンな交際が続いていた。

 上重アナはPL学園出身の元甲子園球児。局の大きな期待を受け、15年3月に朝の情報番組「スッキリ!!」の総合司会に就任した。だが直後の4月、番組スポンサー企業の元会長から多額の利益供与を受けていると報じられ謝罪した。わずか1年で同番組を降板し、現在はスポーツ中継を中心に出演。私生活でも心機一転を図ることになった。一方、安座間も今年3月に初の写真集をリリースするなど、意欲的に仕事に取り組んでおり、今後の飛躍が期待される。
posted by かーくん at 13:38| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

井上真央

井上真央(32)は一時期、SNSで「テレビで姿が見られない」と心配するコメントが見られた。彼女は2016年に事務所を移籍したが、「それが原因では」という憶測も広まっていた

 井上は5歳から女優としてのキャリアをスタートさせた。最初に席を置いたのは、たむらプロ。子役など、比較的若手の俳優やモデルを中心とすることで知られる事務所だ。彼女の知名度を上げたテレビドラマ「キッズウォー」(CBS制作、TBS系列:1999〜2003年)は、たむらプロも制作に携わった。

 そして04年、松嶋菜々子(45)などが所属するセブンス・アヴェニューに移籍すると、一気にスターダムにのし上がる。

 テレビドラマの「花より男子」(TBS系列:05年)、「花より男子2(リターンズ)」(同:07年)、連続テレビ小説「おひさま」(NHK:11年)、大河ドラマ「花燃ゆ」(同:15)年という井上の代表作は、いずれもセブンス・アヴェニューに所属していた時期に出演したものだ。

 人気女優に成長し、一部のメディアは井上の独立説を報じた。スターの誰もが辿る道だ。最終的に彼女は岸部一徳(72)などが所属するアン・ヌフに移った。

 心機一転の活躍を誰もが期待したが、案に相違して露出は著しく減少した。一部のファンはSNSで新事務所の“営業力”に懸念を示した。芸能メディアの中には、交際が伝えられている松本潤(35)との結婚が秒読みなのではないかとぶち上げた。

 NEWSポストセブンは17年1月、「事務所移籍の井上真央『舞台を軸足に』と真剣に検討中」と報じた。

 元は女性セブンに掲載されたものだが、この記事では井上の姿がテレビから消え、ファンが心配していると紹介。それに「芸能関係者」が、「井上は自分を見つめ直すためにもテレビの世界から身をひいている」と説明し、「女優としての軸足を舞台に移すことも真剣に考えているみたいですね」と解説した。

 ところが今年は、いよいよ井上が復活する年になりそうだという。関係者が解説する。

「12月に周防正行監督(62)の最新作、『カツベン!』が公開されます。周防監督といえば『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』が高く評価された名監督。主演は成田凌(25)、ヒロイン役は黒島結菜(22)。そして井上真央さんは助演という位置づけですが、この作品でかなりの存在感を発揮していると、既に評判なのです」

 更に、もう1本の映画と舞台も制作が進んでいるという。

「もう1本の映画も著名な監督が撮影にあたると言われており、明治時代が舞台の作品だそうです。井上さんはNHKの大河ドラマ『花燃ゆ』で幕末から明治の時代を生きるヒロインを熱演したので、非常に手堅い演技が期待できそうです」(同・関係者)

そして気になるのは松本潤との結婚だが、前出の関係者は「実は井上さんと高良健吾(31)さんの仲がとても親密だと評判になっているんです」と明かす。

「ご存知の通り、NHKの『おひさま』と『花燃ゆ』で共演したのですが、実は『カツベン!』も共に出演しています。撮影で共に長い時間を過ごしたことから、非常に仲が良くなったそうですが、もちろん高良さんは井上さんが松本さんと交際していることは良く承知していますからね。まさかとは思いますけど……」

 この関係者によると、井上は「性格の良さから、スタッフの評価は非常に高い」という。再び露出度が高まるのは間違いなく、事務所移籍は成功したようである。

週刊新潮WEB取材班

2019年7月13日 掲載
ラベル:井上真央
posted by かーくん at 14:40| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする