2019年06月06日

日亜化学工業

動画配信サイト「ユーチューブ」に投稿された動画で誹謗中傷され社会的信用を損なう恐れがあるとして、日亜化学工業(阿南市)が運営元の米ユーチューブ社を相手取り、動画の削除を求める訴訟を徳島地裁に起こした。提訴は昨年10月9日付。

 訴状によると、動画は2種類あり、いずれも昨年4月12日に元従業員を名乗る者が日本語と英語で投稿した。一つは、日亜化学の製造現場について「工場は鳥や犬が紛れ込む不衛生な状態」などのテロップを流し、製品を購入しないよう呼び掛けている。もう一つは、実在する従業員の名前と自宅住所のテロップを入れ、この従業員による部下へのパワーハラスメント行為があったと指摘している。

 日亜化学は「監査を毎年受け、鳥や犬が紛れ込むような不衛生な環境で製造していない」「権限によって過度の仕事を部下に押し付けることはなかった」と主張。動画は事実に基づかない内容とし、「会社や従業員の名誉、社会的評価を低下させる行為。公益目的は存在しない」としている。

 日亜化学は従業員から連絡を受けて動画の存在を知った。昨年6月に削除を依頼したものの、ユーチューブは「名誉毀損に当たるかどうか判断できなかった」と応じなかった。
ラベル:日亜化学工業
posted by かーくん at 12:47| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする