2019年05月04日

Matt

桑田真澄の次男でモデルのMatt(24)が、〈テレビ断っていましたが、6月あたりから露出していこうかな〉と久しぶりにテレビ出演することを自らのインスタグラムで明らかにしたそうです

 2017年にはバラエティー番組に次々と出演し、父から溺愛されていることを赤裸々に語っていたMattだが、なぜか昨年から露出が激減。最近は自身のインスタで日常生活をつづってばかりだった。

「そのインスタ投稿で、気になったものがあるんです」と、芸能ライターのエリザベス松本氏がこう言う。

「インスタには投稿が24時間で自動的に削除されてしまう"ストーリーズ"という機能があります。4月19日ごろ、Mattさんがそこに投稿したいくつかの文章がなかなか思わせぶりだったんですよ」

 その思わせぶりな投稿とは、〈巷では"〜に干された"と言われているが、それは全くのウソ。なぜかというと、その"彼"や"彼"が出てる番組はすべて断ってるから〉〈僕はね人の悪口や罵声をあびせて笑いを取るのは"芸"ではないと強く思う〉〈だから正直言って今の時代のバラエティは好きじゃない。でも今を生きなきゃいけないと思うの。たとえ嫌でもね〉というもの。

 そして、この投稿の数時間後に、わざわざ〈さっきの"彼"はダウンタウンさんのことじゃないから!〉と注釈をつけた上で、〈わかるでしょ? 彼よ、彼〉と、また思わせぶりに"彼"を連呼していたのだ。

「Mattさんは2017年に、フジテレビ系情報番組『バイキング』の中で、司会の坂上忍さんから『いまいちどんな人か知らないし、知りたくもない』『なんなんですかこの方は』『メイクでこうなってんの? 施してらっしゃるんですか』と評されたことがある。これに対してMattさんは『坂上忍っていう人は何者なの? あなたに僕のこと知ってほしいなんて一言も言ってませんけどね』などと、その翌日にツイッターで応戦した。今回の投稿を読むと、どうしてもあの一件を思い出してしまいますが…」(前出の松本氏)

 Mattが「彼」と称する人物が坂上だとしたら、相手は"大物MC"。分が悪いのは明らかだ。

 もちろん芸能人は目立ってナンボで、話題づくりには成功しているのだが、これは計算なのか何なのか。意外と策士なのか。

「インスタのライブ動画を見ていると、話し方、所作など彼の一挙一動には育ちの良さがにじみ出ています。育ちの良さに若さもあいまって、怖い物知らずな面をつくっているのかもしれません。だから自分を傷つけた"彼"のことがいつまでも許せないのでは」(前出の松本氏)

 何はともあれ久々のテレビ出演に〈動くMattが見られる!〉と心待ちにする声も多い。まだ出演番組名は明らかにされてないが、かなりの高視聴率が期待できそうだ。
ラベル:Matt
posted by かーくん at 14:12| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする