2018年06月10日

アメトーーク 濱田祐太郎

7日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日・ABC系)にて、「立ちトーーク」企画が実施された。テーマを決めずに立ったままフリートークを展開する恒例企画だ。

『R-1ぐらんぷり』2018年王者の濱田祐太郎が初出演し、得意の「盲目トーク」などでスタジオを大いに盛り上げたようです

大阪で一般人から愛あるいじられ方をしているという濱田は、ハンディキャップを笑いに変換する高度な話術を披露した。しかしスタジオトークが次第に転がり始めると、なかなか話に入っていけなくなっていく。

そんな中、トークは「デリカシーのない女性」の話題に。そこへ躍り出たのが板倉俊之(インパルス)だった。

板倉は「控室を全然出ていってくれない人」に言及。とあるイベントの待ち時間で睡眠を取ろうとする板倉の近くに、息を殺して居座るスタッフがいたのだという。

そのスタッフの立てるわずかな物音に意識が引っ張られ眠れなくなってしまった板倉は、「この状況を楽しもうと思って、何を食べているか音で当てるゲームを始めた」と謎の一人遊びを告白した。

「濱田くんに褒めてほしいんだけど」と前置きした上で、そしゃく音だけでそのスタッフがアルフォート(ブルボン)を食べていることを的中させたエピソードを披露。濱田も「アルフォートはなかなか当てられないです!」と絶賛した。

最近では「腐り芸人」などと呼ばれ、死んだ目で売れっ子に毒づくキャラが定着しつつあった板倉。そんな板倉が見せたさりげない優しさに、嘆息する視聴者が後を絶たなかったようです

他のゲストが「こういう」とか「こう」とか見えること前提のトークをする中で濱田氏にも伝わるように音に関するテーマでナチュラルにトークを繰り広げた板倉氏カッコ良かったーーー #アメトーーク
− ふゆのひと (@vs_atode)
June 7, 2018
from Twitter

濱田祐太郎さんにアルフォートの音ネタ話しを振るのが上手だった板倉さんがさすがじゃった。カッコいい。
− kawa (@kawa9945)
June 7, 2018
from Twitter

板倉さんの話し方、視覚に頼らない表現してるのは濱田くんいるからかなあ。他の人は結構見ないと分からない話多い。 #立ちトーク
− ゆきえ (@Yukie_i_1127)
June 7, 2018
from Twitter

流れるようなトークに濱田祐太郎がなかなか入れてないなぁ…って思ってたら、自分のエピソードトーク中に濱田に振ってあげる板倉さん優しい( ´∀`) #アメトーーク
− のんサー (@p3a3n3_non3)
June 7, 2018
from Twitter

追いかけ再生でアメトーク見た。板倉さんが濱田くんにお菓子の音で話し振ってくれたのが良かったし嬉しかったな(´▽`)途中で濱田くんちょっと置いてけぼりにされてる…かな?💦と心配だったので。板倉さんありがとうございます🙏
− ルナ@猫になりたい (@runa9401)
June 7, 2018
from Twitter
posted by かーくん at 14:42| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。