2018年05月08日

冨永愛

モデルの冨永愛さんが公式インスタグラムにボディラインを露出したセクシーな写真を多数アップ。35歳の「中学生の母」になっても衰えないスーパーボディが驚異的だと注目されているようです

中学生のママとは思えないスタイル
冨永さんの結婚・出産は早く、20代前半の頃。2009年に離婚して以来シングルマザーとして子育てをしている。長男は中学生になる年齢だが、そんな冨永さんが4月28日にアップした動画では、スーパーモデル時代と変わらぬ超絶ボディと個性的な美貌を見ることができる。

一回り以上年下のパリコレモデルたちと
パリコレにも登場した若手国際派モデル江原美希さん(22)や福士リナさん(19)とのスリーショットも超豪華。一回り以上年下で、息子とのほうが年齢が近いイットガールと並んでも、個性もスタイルも引けを取らぬ姿は30代ママとは思えぬ現役感。たるみのない艷やかな二の腕とフェイスラインからはプロとしての意識の高さを感じられる。

トレーニングをする姿も凛々しい
若い頃であれば、食べ過ぎ飲み過ぎに気をつければ「持って生まれたスタイルの良さ」だけで勝負ができる。しかし、アラフォーに差し掛かる35歳はそうはいかない。「適度なスタイル」であれば食事と運動に気を配ればよさそうだが、モデル並みのスタイルを維持するのは並大抵の努力ではないだろう。冨永さんは、トレーニング中の写真もインスタグラムで公開している。すっぴんにもかかわらずトレーニングウエア姿はスタイリッシュで驚異的な骨格。しかし、そんな骨格を肉に埋もれさせないために行う努力は計り知れない。

海外セレブ超えの美ボディ
そんな努力の結果ともいえるドレス姿は迫力満点のかっこよさ。やはり一回り以上年下のスーパーモデル・ベラ・ハディット(21)と並んでも、勝るとも劣らないスタイルの良さはまさに「国宝級」。身長や顔の大きさとボディのバランスを注視すると冨永さんのほうがスタイルがよく思える人もいるようで、「日本の誇りです」というコメントも寄せられている。

波乱を超えた後の幸せな日々
かつて『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)という自伝に波乱万丈な半生を綴っている冨永さん。ネグレクト気味の母親や高校時代まで続くいじめなどハードな日々を告白した冨永さんだが、公式インスタグラムを見る限り、充実した幸せそうな日々を送っているように見受けられる
posted by かーくん at 19:01| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。