2017年01月14日

SMAP ジャニー喜多川社長

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が13日、都内で、日刊スポーツなどの取材に応じ、昨年末をもって解散したSMAPへの思いを語った。昨年8月の解散発表後、SMAPについて言及したのは初めて。解散を受け入れ、メンバーへのサポートを続けると誓った。事務所からの独立については、「やぼっちいタレントじゃないと思います」とメンバーへの信頼を口にしながらも、「それぞれの気持ちに任せます」と容認姿勢を示唆した。
ジャニー氏は、記者らに向かって「皆さん、何か聞きたいことがあるんじゃないですかね」と問いかけた。滝沢秀明(34)V6三宅健(37)とともに、「滝沢歌舞伎2017」取材会に同席していたが、先手を打って、自ら話し出したそうです

「結局、SMAPもああいうふうになりましたけど、(メンバーは)みんな元気づいて、やってくると思います。ふと思ったんですけど、SMAPは頭文字をとると『すばらしい・メモリー・ありがとう・パワー』なんだよね。だから、終えちゃっていいんじゃないかなと思っています」

解散を受け入れた上で、「SMAPはもういい。年もとって、素晴らしいと思いますよ。1人1人が充実してやれる。僕なんかが…老人が何を言ったって、彼らは素晴らしい世界がある。1人1人が自信をつけたということだし、こんな素晴らしいことはない」

28年間活動を続けた5人をねぎらった。「(解散は)悲しいことは悲しいけれども、メンバーが今後ますますそれぞれの世界を作り上げていくんじゃないかっていう期待はものすごくあります。だから、『SMAPありがとう』という気持ちです」とほほえんだ

今後、中居正広(44)稲垣吾郎(43)草なぎ剛(42)香取慎吾(39)の4人がジャニーズ事務所から独立する可能性なども一部で報じられている。今年9月に事務所との契約更新時期を控え、動向が注目される。ジャニー氏は「それぞれの気持ちに任せます」とメンバーの希望を尊重する意向を示したが、「ただ、出て行くということを前提に話はしていないと思いますよ。そんなやぼっちいタレントじゃないと思います」。長年の信頼を強調し、独立はないとの見通しを示した

SMAP解散騒動の渦中だった昨年5月、記者の取材に応じた際、ジャニー氏は解散を否定していた。その後、各メンバーと面談して説得を続けたが、メンバー間の溝は埋まらず、8月の解散発表を迎えた。「僕はその時々で全て正直に言っています。なんのうそもない。ただ、(結果的に)違ってくることもあります。そのへんは、お謝りしたい」と申し訳なさそうに語った

昨年は何度か入院していたと明かし、「忙しくしていないと、体がもたないんですよ」と笑った。
「僕は絶対、永遠に、後押し、バックアップ、応援していくつもりです。誰に対しても。だから、それは間違いないです」

85歳の名プロデューサーは、5人に愛を注ぎ続けるようです
※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字体の下に刀
posted by かーくん at 12:45| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。