2016年07月21日

とと姉ちゃん

女優の高畑充希(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(月〜土曜前8・00)の第93話が20日に放送され、平均視聴率は25・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かったようです

 第21話(4月27日)と第57話(6月8日)の24・6%を0・7ポイント上回り、自己最高を更新。2011年度後期「カーネーション」と14年度後期「マッサン」の最高25・0%を上回った。放送開始から15週連続で週間平均視聴率20%超えをマークするなど好調を維持している。

 昭和初期から高度経済成長期を背景に、亡き父親に代わり、一家の大黒柱として母親と2人の妹を守る「とと(=父)姉ちゃん」こと小橋常子(高畑)が戦後の東京で女性向け雑誌を創刊する姿を描く。モデルは雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子(しずこ)。

 第93話は、カフェで働く梢(佐藤仁美)たちから、常子(高畑充希)は思いがけないヒントを得る。彼女たちが洋服を作れないのは、布がないのはもちろんだが、洋裁の技術がないためだった。その頃、洋裁学校を取材していた花山(唐沢寿明)も、高価なミシンや布地でしか授業を行っていない現状を知る…という展開だったようです
ラベル:とと姉ちゃん
posted by かーくん at 11:45| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。