2016年04月30日

BREATHE ブリーズ

EXILEや三代目J Soul Brothersなどが所属するLDHの2人組ボーカルグループ・BREATHE(ブリーズ)が29日、昨日をもって活動終了したことを報告しているが、ファンらを中心にネット上は悲しみの声であふれた。「悲しすぎる立ち直られない」「なんていえばいいか分かんないくらい辛くなった」などのコメントが投稿され、唐突すぎる報告を受け止めきれないファンが続出し、なかには「全然支えられてなかった」と自らを責めるファンの姿も見られているよう

 29日に公式サイトで活動終了することを報告したBREATHE。2010年に行われた三代目JSBのボーカリストを選ぶために開催された「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2 〜夢を持った若者達へ〜」のファイナリストである多田と宮田で結成され、2011年12月にシングル「合鍵/White Lies」でデビュー。現在までに5枚のシングルを発表している。

 サイトの中で多田は「当時からがむしゃらに駆け抜けてきたつもりでしたが、大好きだった歌が、仕事として歌う中で、歌とうまく向き合えない自分に気づくとともに、今まで通り歌えない自分に、心の中で葛藤が生まれました」と率直につづり、宮田との間に温度差を感じるようになっていたことを明かした。関係者やファンへの申し訳なさを抱える中、「これ以上BREATHEを続けて行くことができないという結論に至りました」という。

 宮田はおよそ6年、多田と一緒に活動してきたことを綴りつつ、「残念な気持ちでなりません」と打ち明ける。「もともと大好きだった歌が、表現者として歌うことだけではなく、いろいろな事と向き合っていかなくてはいけないこの世界の中で、和也自身気持ちがついていけなくなってしまったという事が、BREATHEの活動終了を決めた一番の理由です」と綴り、「和也のこれからの人生を応援する意味でも、僕はその想いを受け入れました」と活動終了を受け入れたことを報告している。

 この報告を受けて、ツイッターなどSNSは瞬く間に「BREATHE」のワードが沸騰した。「悲しすぎる立ち直られない」「ほんとに実感わかない 鳥肌やばいし悲しい」「解散とか急すぎる…」「解散ショックすぎる 夢を叶えても険しい道なんだなぁ…」「なんていえばいいか分かんないくらい辛くなった…」などと急なメッセージを受け止められない心境を続々と発信した。

 さらに、「和也になにがあったんや…」などと多田の心の内を測りかねるファンや、「自分が支えてもらった分 全然支えられてなかったのが悔しい」と自らを責めるファンの姿も見られる。

 LDHの人気デュオとして数々の声援を集め、感動を伝えたBREATHE。ファンは「2人の目が合って、はにかむ姿が好きでした。悲しいけど、それぞれの人生、悔いない様に生きて欲しい」などと彼らが輝いた時間を回想しながら、これからの人生にエールを送っているようです
posted by かーくん at 10:36| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。