2015年10月29日

亀田和毅

プロボクシング前WBO世界バンタム級王者の亀田和毅(24)が国際結婚したことが28日、分かった。今月17日(日本時間18日)にメキシコで結婚し、24日(同25日)に当地で挙式を済ませた。

お相手は3歳年上のメキシコ人女性で元アマチュアボクサー。修業先で知り合い、約9年間の交際を経てゴールインした。5月に世界タイトルを失った亀田3兄弟の末っ子。国際結婚を決めて、気持ちを新たに世界王座返り咲きを目指す。

世界を股に掛ける和毅が、国際色豊かな家庭を築いた。夫人(27、名前非公表)はメキシコ市出身で、アマチュアを数戦経験した元ボクサーでもある。「メキシコで自分が成長できたのも、自分が世界チャンピオンになれたのも彼女の大きな支えがあったから」と感慨深げに振り返った。

和毅は長兄の興毅さん(28)が米シカゴで臨んだWBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(ワタナベ)との世界戦翌日の17日にメキシコに飛んで、その日に現地で入籍を済ませた。24日(日本時間25日)にメキシコ市郊外で、父・史郎氏(50)や次兄の大毅(26)ら家族を始め、現地や日本からの招待客約200人を集め、結婚式を盛大に行った。

15歳で単身メキシコに渡り、アマチュアボクシング大会に出場していた夫人と出会い、すぐに交際に発展した。当初は言葉が分からず、ホームシックになり「日本に帰りたい」と涙ながらに興毅さんに訴えたこともあったが、夫人の指導でスペイン語が瞬く間に上達。08年に当地でプロデビューし、スペイン語でインタビューもこなせるまでになり「エル・メヒカニート(メキシコの少年)」と呼ばれ、現地人の心をつかんだ。

姉さん女房の夫人も和毅のデビュー後は頻繁に来日。日本語習得に熱心で、英語も含めて3か国語を操り、物心両面でサポート。まだ妊娠はしていないが、2人ともベビー誕生を心待ちにしているという。

和毅は5月、9月に米国でWBA世界バンタム級王者マクドネル(英国)に連敗し、当面は世界王座返り咲きが目標だ。亀田ジム会長らが処分を受けた影響で、今も日本のリングには立てない状況が続く。しばらくはメキシコを拠点に練習し、来春にも海外で再起戦に臨むようです

おめでとうございます
ラベル:亀田和毅
posted by かーくん at 12:33| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。