2019年09月30日

幼保無償化

10月1日から増税とともに、その使い先として、3歳から5歳までの幼稚園、保育所、認定こども園などの利用料が無償化となる。(0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子供たちも対象。)

先日、認可外保育園に子どもを通わすママから、「認可外では無償化の対象になるママとそうでないママがいて、対象外のママたちが急きょ就活を始めている」という話を聞いた。私の子どもたちは対象となる3歳になっていないため、認可外で起きていることを聞いて、驚いた。

私学助成幼稚園では、働いていない専業主婦でも「教育」にあたる時間内であれば上限27,500円まで無償だ。それ以上の時間は「預かり保育」にあたるとして「保育の必要性の認定」が必要になる。

一方、認可外保育園では一律全員に「保育の必要性の認定」が必要になる。認可外保育園では働くママもいれば、そうでない専業主婦のママもいる。なので、無償化の対象になるママ(世帯)とそうでないママ(世帯)が出てしまうのだ。

これでは、働くママと専業主婦ママとの間に目に見える格差が出来てしまう。認可外保育園でも私学助成幼稚園同様に、一定時間までは専業主婦でも上限27,500円まで無償にすれば、不公平さは出なかったのにと思ってしまう。

なぜこのようになったのか、内閣府の子ども・子育て本部に問い合わせてみた。

そもそも認可外保育園は、無償化の対象外だったことから話が始まっている、と担当者は話す。対象外だったが、認可保育園に落ちてしまい、仕方なく認可外保育園になったという人たちから無償化要望の声が上がったため、後から無償化の対象に含めた。

認可外保育園は国の規定に見合わない形で保育を行っている園も多いため、そういう園を一律で国が支援するということはできない。保育の質が担保されている園(国の規定に見合う園)があくまで今回の無償化の対象。なので「認可保育園に落ちてしまい、仕方なく認可外保育園になったという働くママ(保育の必要性のあるママ)」のみを支援の対象にしたとのことだった。

あとは「教育(文科省の管轄)」と「保育(厚労省の管轄)」の違い。「教育」はママが働く働かないに関わらず必要だが、「保育」は働かないママには必ずしも必要でなはい、ということでの線引きだった。

たしかに、国としてはどこかで線引きしないとならないのだろう。

けれど、私にこのことを教えてくれた認可外保育園に子どもを通わすママは、あえて認可外保育園を選んで子どもを通わせていた。その認可外保育園の方針や子どもへの接し方が素晴らしいからだという。こういうママは、今回の無償化では、マイノリティとして国から存在を認めてもらえない状態になってしまった。

このママが子どもを通わす認可外保育園に話を聞くと、「消費税10%というのは、みんな同じように払うものなのに、同じ園で恩恵を受ける人と受けられない人が出てしまい、園としては、やりきれない思いだ」という。そこで、働いていないママたちには、ほぼ全員就労証明を取るよう促した。なかには起業したママもいるという。

女性活躍とはいうけれど、自らの意思で専業主婦を選んだり、認可外保育園を選んでいる女性たちもいる。

私は、「選択肢の多い社会は豊かな社会」と考える。

今回の無償化が、女性たちの選択肢を狭めることになっていかないか、思いを巡らせてしまった。
ラベル:幼保無償化
posted by かーくん at 10:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

戸田恵梨香

通算101作目のNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月〜土曜前8・00)が、9月30日にスタートする。主演を務める戸田恵梨香(31)が、このほどインタビューに応じ、作品にかける思いを明かしたそうです

 同作は“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く物語。

 作中の陶芸シーンは戸田自らが演じており、撮影が始まる3カ月前から週2回ほどの稽古を行った。「(陶芸は)奥が深すぎて趣味で始めたら辞められないだろうな」というほどの熱の入りよう。練習の過程で作った茶碗を共演の大島優子(30)にもプレゼントしたという。

 女性の生涯を演じる朝ドラだけあって、その時々で体型を変える必要もあった。なかでも陶芸のシーンでは「本当に力が必要なんです」という通り、筋肉をつける必要があった。「太りにくい体質だったので、食生活を変えてお腹がムカムカするくらい食べました」と“食トレ”にも励んだ。

 戸田が本格的に登場するのは第2週目(10月7〜12日)から。31歳の戸田が、15歳の女子学生を演じるにあたり「15歳ならではの体の丸みが欲しくて、タンパク質よりも炭水化物をとるようにしていました」とリアリティーを追求。「10代が持っている無敵なエネルギッシュさで、(撮影が)終わったあとには息切れしました」と笑顔も浮かべた。

 これまで数々の作品で主演を務め、今では日本を代表する演技派女優となっている。「約10カ月を同じ女性を演じるということ、それを経て自分がどうなるのかが知りたいです」と今作への思い。「約2カ月の1クールでは味わえないぜいたくな時間が自分のキャリアでも大切な経験になると思います」。誰もが注目する国民的ヒロインとして、これから約半年を全力で駆け抜けていく。
ラベル:戸田恵梨香
posted by かーくん at 09:02| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

松井珠理奈

SKE48松井珠理奈が旅バラエティ番組「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)に、番組最年少のマドンナとして出演した。去る9月12日のことだったが、アンチも多い(?)22歳のアイドルの出演とあって、放送前には不安の声が多かったのだとか。ところが、そんなこともどこ吹く風。視聴者からの反響がすごかったそうです

「松井さんは鹿児島から熊本を目指すローカル鉄道の旅に同行ということで出演しました。とにかく、目立ったのが松井さんの“オジサマ対応術”。SKE48といえば何といっても握手会。蛭子さんにはしっかり握手をしてあげる握手会体験をさせてあげたり、それより驚いたのは、みんなで歩く際に、松井さんは蛭子さんの腕を支えてあげるといった気遣いが素敵でした。若いトップアイドルからこんな“おもてなし”を受けたら、蛭子さんは当然ご満悦。太川さんも、海を見てはしゃぐ松井さんの姿に笑顔を禁じえなかったり、松井さんからオヤジ殺しにはうってつけの(笑)ボディタッチもあったり、終始、太川陽介さんと蛭子能収さんの楽しそうな顔が印象的でしたね。のんびりしすぎて電車に乗り遅れたり、コースを逆戻りなどハプニングもありましたが、とても癒やされる回だった印象です」(エンタメ誌ライター)

視聴者も同じ印象だったようで、「総選挙1位が納得できました」「松井さんは盛り上げるのが上手ですね」「好きじゃなかったけど、好感度が上がりました」「オヤジならメロメロになっちゃうよ〜」と、アンチをはじめ、普段は松井に興味のない世代の人からも褒め言葉の嵐。そして、いちばん多かったのが「生駒里奈の時と空気が違いすぎる」という声だったとか。

「8月29日の放送では、元乃木坂46の生駒里奈さんが出演。人気アイドルの出演で注目を浴びたこともありましたが、昼食にご当地ラーメンを食べるのか弁当を食べるのかで生駒さんと太川さんが揉める事態が起きて、視聴者をヒヤヒヤさせました。しかも、生駒さんからは疲れを隠さないコメントも出ていましたからね。その時と比較すると、この日には雲泥の差。どんどん旅を進めたという松井さんの若さあふれるパワフルさに、太川さんが『もう寝ようよ』と音を上げるシーンもありましたが、それも雰囲気は和やか。松井さんにとっては、新たなファン開拓のエポックメイキングになるような“神回”だったかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

多くのアンチも黙らせて、「1位になるには理由がある」を証明した松井珠理奈に今回は脱帽!
ラベル:松井珠理奈
posted by かーくん at 11:11| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする