2019年02月28日

柳楽優弥

14歳でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞してから、15年。悩み抜いた10代を経て、20代はアルバイトや芝居の現場でもまれ、俳優としての土台を築いた。20歳で娘が生まれて、「しっかりしなきゃ」と一念発起したという。「僕は僕なりに頑張るしかない」。自身を不器用だと語る柳楽の奮闘に迫ったそうです



結婚して本当に良かった

柳楽優弥、28歳。20歳の時に生まれた娘が8歳になった。

「若いうちに生まれて、もちろん大変な時期もありましたけど、僕は子どもが好きだから、やっぱりうれしかったですね。妻(タレントの豊田エリー)が仕事に行っている最中は、僕が見て。夫婦で交代交代でやってます。3、4歳のころは、地方ロケに1カ月行って、ヒゲを生やして帰ってきたら、(娘には自分が)誰だか分かんなくなってたりしましたね」

高校の一つ上の先輩だった豊田にプロポーズしたのは、17歳の時だ。

「全く迷いがなかったんです。自分が法律でまだ結婚できない年齢だとは知らなかった。昔の武士とか早いっていうじゃないですか。結婚したのは、19の時です。僕は仕事にかなり悩んでた時期だったし、よく結婚したなって思いますけど。妻も、肝っ玉据わってるな、と。でも、あの時結婚して本当に良かったです」



妻も娘も映画が好きで、家族でよく映画を見て過ごしているという。

「子ども向けのものが多くはなりますけど、けっこう何でも見ますね。子どもがどこを面白いと思うのかって、興味深くて。シリアスなシーンで、『なんで悩んでるの?』とかストレートに聞かれます。『なんでだろう』って答えるんですけど(笑)。僕の出たものも見てくれてます。『ゆとりですがなにか』(2016年のドラマ)とか面白いって言ってましたね」



漫画やアニメも大好き。中でも、家族そろってドラえもんの大ファンで、毎年映画館に見にいく。昨年、3人で「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に遊びにいっていた時、マネージャーからのメールで、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の声優のオファーを知った。

「『ドラえもんと話せるのか!』と。でも、声優は17歳くらいの時に一度やったくらいで、本格的にやるのは今回が初めて。実写だと自分の体があって、そこに一つの道具として声や台詞があるわけですが、アニメーションに僕の声を重ねるっていうのはどうやったらいいのか、分からなくて。声を録っている時、20人くらいの人が聞いているんですけど、僕だけ一人焦り始めて……」



昨年12月に行われたアフレコの様子 c 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

うまくいかず、予定していた収録時間が過ぎ、日を改めて録り直すことになった。次の収録日、柳楽は身ぶり手ぶりを入れて、時に倒れ込んだりしながら、汗だくになって熱演した。

「他の人がどういうふうにやるのか、分からないんですけど。倒れ込みながら、『あああ!』とか、アクションを付けながらやっちゃいました。最初は体を動かさないで録っていてうまくいかなかった。これはもう動くしかないなと思ってやり始めたら、監督が『動かしたほうがいいですね』って言ってくださって。そこからは徐々に楽しくなって、気分的には何十時間あっても録り足りないな、というくらいでした」



柳楽は、自身を不器用だという。

「器用になれるドリンクがあったら飲みたいんですけどね。本当、『ドラえもん、ください!』っていう感じです。何でも器用にできちゃう人、憧れますけど、僕は僕なりに頑張るしかないから。それでも20代前半に比べたら、落ち着いてきたと思います」

アルバイト生活が土台を作った


柳楽のデビューは鮮烈だった。中学生の時に是枝裕和監督の『誰も知らない』(2004年)に出演し、14歳でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した。史上最年少、日本人初の快挙だ。柳楽にとって、初めてのオーディションが『誰も知らない』だった。普通の中学生が、いきなりカンヌ国際映画祭のカーペットを歩いた。

「同じクラスの女の子が昼ドラに出てて。それを休みの日に友だち5人くらいで見てたんです。みんながうれしくて笑うじゃないですか。僕もこんなふうに笑わせたいなと。そう思って事務所に履歴書を送ったので、最初はむしろお笑いとかやりたかったんです。そしたらだいぶ違う方向になった」

『誰も知らない』で演じたのは、母親に育児放棄された子どもだった。

「台本ももらってなくて。今思うと、ちょっと変わった演出の作品で。演技をしていたわけではないですから。土台がないスタートでした」



受賞後、国内で主演作が続くものの、「芝居の土台がなかった」柳楽は、次第に葛藤を抱えるようになる。ストレスで1日8食も食べるようになり、一時は30キロ近く太った。「16歳から22歳くらいまでは、戻りたくないな、と思う時期」とも振り返る。

「どうしても過去(『誰も知らない』)と比較されてしまうし。それをしっかり受け入れて活動することができたらよかったんですが」

子どもも生まれた柳楽は、一念発起してアルバイトを始めた。

「僕、Wikipediaを見るのが好きで。先輩俳優の歩んできた道を見ると、俳優以外の仕事をしていたり、アルバイトをしていたり。そこに憧れたんです。結婚して、しっかりしなきゃと思ったし、とにかくレベルアップしたかった」



自動車ディーラーで洗車や磨きの仕事、居酒屋で接客の仕事をした。

「バイト長になって、年上の後輩に指示を出したりとかして、新鮮でしたね。飲食店は、メニューを覚えられなくてあんまり向いてなかったですけど。名札を付けていたので僕だと気付かれることもありましたが、その時そんなに表立った活動があったわけじゃなかったので。それじゃダメなんですけど。気付かれると『よく知ってますね』みたいな感じで、逆にうれしかったです」

「俳優、やめようと思えばやめられたと思うけど、どうしてもまだやりたいと思った。このまま終わるのも嫌だな、と。自分の中でしっくりくるまで、土台作りがしたかった。『よし、これでバイトする役柄が来たら俺はパーフェクトだ』って思いながらやってたんで、けっこう前向きでしたね」



「一回お前、川の中でAKB歌ってこい」
転機の一つが、2012年、故・蜷川幸雄演出の舞台『海辺のカフカ』の主演に抜擢されたことだ。22歳の時だった。

「どうしても演技がうまくなりたいと思っていた時に、厳しい演出を受けられたのは本当にラッキーでした。『挨拶しろよ』とか基本的なマナーについてよく言われた気がします。芝居については、いろいろ言われ過ぎて……。映画のトーンで話してると『聞こえねえよ』とか。ゲネプロが急遽中止になったんです。何かがダメだった。そこに大きく僕が絡んでると思うんですけど……。でも初日はもちろん来るわけで。初日が終わった後、『華々しい初日だったね』って言ってもらったのがすごく印象に残ってます」



『海辺のカフカ』の後、映画『許されざる者』の現場へ。指導が厳しいことで知られる李相日監督の作品だ。アルバイト生活の最中に受けたオーディションだった。

「必死だったんで、オーディションで『これ受かるんですか?』と監督に聞いて、怒られました。李監督の現場は若手が鍛えられることで有名だったので、絶対に出たかった」

北海道でオールロケが敢行された。「そこにいられるだけでラッキー」と思っていたが、厳しい現場で「死ぬかなと思った」という。

「今度は『発声が良すぎる』って、舞台っぽい台詞回しが嫌がられたんです。もう、どれが正解なのか分からなくなりました。あと、『自分をもっとさらけ出したほうがいい』ということになって、『一回お前、川の中でAKB歌ってこい』と。冷たい川に入って、スタッフ全員の前で『I want you!』って歌って。いろいろ本当、思い出しただけで怖いです。でもその映画が終わった後も、何かあると李監督に相談してますね」

品のある俳優になりたい


アルバイト生活、厳しい演技指導でもまれた柳楽に、また一つ転機が訪れる。ドラマ『アオイホノオ』(2014年)に主演し、初めてコメディーに挑戦した。柳楽が演じたのは、「漫画家になる!」と闘志を燃やす熱血芸大生・焔モユルだ。

「福田(雄一)監督が、僕のWikipediaを読んで、『こいつはいける』って思ったそうなんです。救われたというか、そういう面を発見してくれたことがうれしかった。元々人を笑わせたくてこの仕事を始めたので、コメディーの現場は自分らしくいられるなとも思います」

心に葛藤を抱える若者を少年時代から多く演じてきたが、この作品を機に役柄の幅が広がった。NHK連続テレビ小説『まれ』、ドラマ『ゆとりですがなにか』、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、映画『ディストラクション・ベイビーズ』『銀魂』など、かつての迷いが晴れたかのように、多様な作品で好演を重ねる。





「主役とか脇役とか関係なく、いただいた役に一生懸命向き合いたいというのは、昔から変わらないです。いろんな役柄を演じるなかで自分らしさもきっと出てくると思うので、それを大切にしていきたい。今やってみたいと思っているのは、スーパーヒーローですけど」

「品のある俳優になりたい」とも言う。

「柄本明さんとか、役所広司さんとか、大好きで。日本の俳優の品格みたいなものにすごく憧れます。そういう人に少しでも近付けたらいいなって」



2019年1月、映画『夜明け』に主演。是枝の監督助手だった広瀬奈々子が、初めてメガホンを取った作品だ。是枝作品で助監督を務めた兼重淳による映画『泣くな赤鬼』にも出演、6月に公開を控えている。柳楽にとっては、自身の原点を思い返す機会にもなった。

「是枝さんから『よろしくね』ってメールをいただきました。自分のところにいた人たちが優弥を使うのはうれしいって言ってくれます」

14歳での受賞から15年。家庭を築き、俳優の土台を作り、時間をかけて実力を証明してきた。今、もがいた半生を振り返ってこう言う。

「カンヌに負けないくらい貪欲だったんで。こういう作品に出てみたいとか、こういう俳優さんになりたいとか、目標は絶えずある。満足したら終わりです。不器用だから、一生懸命やろうと思います」

ラベル:柳楽優弥
posted by かーくん at 13:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

関有美子 松田里奈

自分は受け入れてもらえるだろうか――そんな不安を抱えながら新たな世界に踏み出そうとしている2人がいる。欅坂46の新メンバーとなる二期生の関有美子と松田里奈だ。松田は銀行員をやめて欅坂46に加入する決心をした。関はもともとは熱心な欅坂46のファンだ。

2016年のデビュー曲『サイレントマジョリティー』以来、シングル7作連続で1位を獲得し、昨年末も『日本レコード大賞』優秀作品賞受賞や『NHK紅白歌合戦』出場と大活躍した欅坂46。2月にはニューシングル『黒い羊』もリリースし、シリアスな歌詞や演劇性の強いパフォーマンスが大きな話題を呼んでいる。

受け入れてもらえるか心配はある
「『欅坂46と言えば“21人”』と言われていたことは私も知っています。一期生さんがつくり上げたグループの中へ急に私たち二期生が入ることに対して、ファンの方に受け入れていただけるのかという心配はあります」

二期生として加入する以前から、欅坂46の熱心なファンだった関有美子(20)。彼女も、欅坂46は結成以来、絆で結ばれた一期生メンバーが21人全員でのパフォーマンスにこだわり続けてきたことを知っている。自分たち二期生の中途加入は、“絆”の変容を意味する。それだけに、二期生にのしかかるプレッシャーは大きい。



関有美子は「21人の絆」の意味を知る

「乃木坂46の新プロジェクト」として2015年に結成。デビュー曲にして初登場1位を獲得した2016年の『サイレントマジョリティー』以降も、シングル7作連続で1位を記録し、昨年末も『日本レコード大賞』優秀作品賞受賞や『NHK紅白歌合戦』出場と大活躍した欅坂46。従来のアイドル像とは一線を画す、若者の主張を代弁する歌詞の世界や、コンテンポラリーダンスをベースにしたダイナミックなパフォーマンスで、現在も支持を拡大している。

そんな欅坂46に、二期生9人が加入したのは昨年11月のこと。関たち二期生は、この日を境にトップアイドルグループの一員となったのだ。


銀行員という安定した職を捨ててアイドルに
「オーディションの告知サイトに書かれていた『この夏で、あなたの人生が変わります。』という言葉がすごく印象に残っているんですけど、合格して本当に人生が変わったと思います。私はそれまで地元の宮崎で銀行員として働いていたんですが、まさかオーディションに受かるとは思っていなかったし、銀行を辞めるなんて考えてもいなかったんですよね」

そう語るのは二期生のひとり、松田里奈(19)。アイドル界では異色の「元・銀行員」という経歴を持つ。



松田は銀行を退職して欅坂46に加入した

昨年夏、乃木坂46、欅坂46、さらにその姉妹グループであるけやき坂46(現・日向坂46)の3グループ合同で開催された「坂道合同新規メンバー募集オーディション」。オーディション参加者12万9182人、倍率約3400倍という限りなく狭き門を突破した松田だが、応募動機は拍子抜けするほど軽いものだった。

「姉に『受けてみたら?』と勧められたのがオーディションを受けたきっかけです。私は最初断ったんですよ。でも、アイドルへの憧れも捨てきれなかったので、『私、どこまで進めるんだろう?』という気持ちで応募しました」



松田は姉の勧めで欅坂46のオーディションを受けた

思いも寄らぬ合格通知に、松田は葛藤する。高校卒業後に就職した銀行をわずか半年で退職することに、後ろめたさもあった。

「銀行では先輩も優しい方ばかりで人間関係で悩むことは一切ありませんでした。業務は難しくて大変でしたけど、『辞めたい』と思うことはなくて。安定した職種ですし、地元なのでお金もたまりますから(笑)。でも、やっぱり『アイドルをやってみたい』という気持ちもあったので、退職という決断をしました。後ろめたい気持ちもありましたが、銀行の方も私の決断を応援してくださったので、『これからアイドルとして頑張らないといけない』という気持ちがあります」

ただ、アイドルには憧れていたものの、欅坂46の大ファンだったわけではない。欅坂46の魅力に心を奪われたのはオーディションに合格してからだと松田は語る。

「『サイレントマジョリティー』や『不協和音』などの楽曲は以前からかっこいいと思って聴いていました。ただ、自分がこのグループの中に入ってみて先輩方の姿を見たときに、皆さんとても『欅坂46のために』『メンバーのために』という思いが強いことに気づいたんです。メンバー同士が強い絆で結ばれていて、それがあるからこそ欅坂46は素晴らしいパフォーマンスが生み出せるんだな、って」



関と松田は、欅坂46が築いてきたものを背負おうとしている

私には夢がなかった
「昨日、菅井さんと握手してもらいました!」

関は、欅坂46の先輩メンバー・菅井友香と握手したことを興奮気味に話す。松田とは違い、結成当初から欅坂46の大ファンで、握手会イベントにも通い詰めるほどだった。

「握手をしてもらったことがあるのは、渡辺梨加さん、守屋茜さん、土生瑞穂さん、齋藤冬優花さん……。あと、菅井さんの握手会にも参加する予定だったんですけど、オーディションに合格してメンバーになってしまったので行けなくなりました(笑)。欅坂46の握手会に行くと、すごく幸せな気持ちになれるんですよ。嫌なことなんか全部忘れさせてくれる。だから何度も握手会に通っていました」



グループ加入以前は熱心なファンとして欅坂46の握手会に参加してきた関

関はもともと地元・福岡で大学に通う、ごく一般的な学生だった。ただ、将来に対して漠然とした不安を抱えていた。

「私、夢がなかったんです。このまま大学を卒業して地元で就職して……それで本当にいいのかなと友人と話していたとき、『欅坂のオーディションってないの? もしあったら受けてみたら?』と言われて。すると、その翌日に新メンバー募集のオーディション開催が発表されたんですよ。すぐに応募しました」

運命に導かれるようにオーディションを受験した関は、合格を果たし憧れの欅坂46の一員に。グループの内側に入ったことで、ますます欅坂46への思いが強まっているという。

「多くの方は欅坂46に対して『サイレントマジョリティー』のようなかっこいいイメージを持たれていると思います。でも、素顔はものすごくかわいいんですよ! 先輩方は皆さん仲がいいし、いつもワイワイ楽しそうで。シングルのカップリング曲にはかわいい雰囲気のものもありますし、かっこよさとかわいさを兼ね備えているのが欅坂46の魅力だと改めて感じています」



関は、欅坂46の魅力は「かわいさ」にもあると語る

握手をする側から、される側に
関・松田ら欅坂46の二期生は、昨年12月10日に日本武道館で開催されたイベント「欅坂46 二期生/けやき坂46 三期生『お見立て会』」で初めてステージを踏んだ。それまでごく普通の学生や社会人だった関や松田にとって、約1万人の前で歌やダンスを披露し、歓声を浴びるなど想像もつかないような出来事だった。

「でも、楽しみな気持ちのほうが強くて緊張はしませんでした。ステージに立ったときは、たくさんの方が集まってくださったことと皆さんが振ってくださるサイリウムの美しさにとても感動して。早くまたステージに立ってあの景色が見たいと思いました」(松田)

「私は特技のアルトサックスを披露したんですけど、プレッシャーがとても大きかったです。サックスが成功した後はほっとして、緊張も解けてイベントを楽しめました」(関)



関と松田のデビューステージは約1万人を前にしたものだった

そしてこのイベントの最後には、二期生初の握手会も開催。かつて足繁く握手会に通っていた関はこの日、初めて「逆」の立場を経験することになった。

「握手会に通っていたころから『私も握手会を開いてみたいな』と想像していたことがあったので、とてもワクワクしましたね。実際にやってみると、『応援しているよ』や『これから頑張ってね!』と優しい言葉をたくさんかけていただいて、すごくうれしい気持ちになりました。私は欅坂46の握手会に通って幸せをもらっていたけど、握手会をする側も元気をもらえるんだなって実感しました」

必要なら虫も食べます
アイドルとしての一歩を踏み出した二期生たち。2月からは欅坂46の冠バラエティー番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)にも出演している。松田は、バラエティーで活躍できるアイドルになりたいと目を輝かせた。

「欅坂46にはかわいいメンバーが多く、勝てないと思っているので(笑)、バラエティーで爪痕を残せるようなアイドルを目指します! トーク力も身につけたいですし、アイドル番組でよくあるバンジージャンプや虫を食べるような“ムチャぶり”でも体を張って『この子はすごい!』と思ってもらえるような人になりたいです」



松田はバラエティー番組でムチャぶりされても頑張ると言う

一方の関は、憧れの先輩メンバー・渡辺梨加(雑誌『LARME』のレギュラーモデル、雑誌『Ray』の専属モデルも務める)のように自分もいつかモデルとしての活動ができたらと語る。

「私は大学時代、所作の美しい女性になりたいと思ってモデルスクールに通い、ウォーキングのレッスンを受けていました。身長も高い(167cm)ので、それを生かしたお仕事ができたらいいなと思っています」

これから待ち受けるアイドル人生に期待を膨らませる2人。もっとも、決して将来を楽観視しているわけではない。

「すでにでき上がっているグループの中に今までの苦労を経験していない私たちが入るのは、やっぱり不安もあります。でも、先輩方のように『欅坂46のために』一生懸命頑張れば、いつかは認めていただけるようになると思っています」(松田)

「今はまだ何の自信もないのですが、いつか『欅坂46に貢献したい』と大きな声で言えるようになりたい。そのためにまずはパフォーマンスのスキルを磨いていきたいと思っています」(関)


関有美子(せき・ゆみこ)
1998年6月29日生まれ。福岡県出身。
松田里奈(まつだ・りな)
1999年10月13日生まれ。宮崎県出身。
posted by かーくん at 13:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

篠田麻里子

2月20日、元AKB48の「マリコ様」こと篠田麻里子(32)が、「3つ年下の一般の方」との結婚を発表した。翌日放送された『プレバト!!』(TBS系)で篠田が明かした「一般の方」の正体は……「美容室の経営とIT事業をやっています」ということだった。

HKT48卒業で「恋愛解禁」の指原莉乃、IT企業社長との結婚熱望

「お相手は一般人」。これほど、鵜呑みにしてはいけない決まり文句はない。

 2017年4月、菊川怜(40)が結婚を発表したお相手の「一般人」は、「クックパッド」や「カカクコム」の社長を歴任した穐田誉輝氏(49)だった。山本梓(37)が2014年に結婚した「海外在住の一般の方」は、ソーシャルゲーム会社の創業者(39)だった。

 最近、IT社長と女優の交際報道が多すぎる。「ZOZOTOWN」で知られる前澤友作社長(43)と剛力彩芽(26)は言うまでもなく、石原さとみ(32)と「SHOW ROOM」前田裕二社長(31)、小嶋陽菜(30)と「PicApp」宮本拓社長(26)、片瀬那奈(37)と年商3億円の社長(37)、などなど。

 なぜ「IT社長」ばかり、いい女にモテるのか? そもそも、IT社長と違って、我々には女優と出会う機会がない。というか、彼らはどうやって出会っているのか。

 篠田は「2018年10月末に、知人を交えた食事会で」出会ったというが……。

「芸能人とIT社長を、仲介したがる人がいるんですよ。中目黒や西麻布では、『交流会』が盛んにおこなわれています」(芸能評論家の三杉武氏、以下同)

 たとえば、と言って三杉氏は、ある有名経営者の名前を挙げた。ほかにも、こじはると宮本氏の場合は、彼女が仕事で知りあったある企業の社長が、宮本氏に紹介したと報じられている。

 IT社長の特徴は、交際を周囲に隠さないこと。剛力と前澤氏が典型的だが、こじはると宮本氏も、同時期に同じ場所で撮った写真を互いのSNSにアップしている。

「彼らにとっては、芸能人と交際しているのがステータスなんです。芸能人のほうも、相手が社長だと聞こえがいい。生活のリズムも似ていますし」

 篠田は夫と出会った2週間後の11月中旬、初めて2人だけで会った日にプロポーズされた。このスピード感は、IT社長ならでは。

「芸能人もIT社長も個人商売。自分の力で勝負する仕事で、価値観が近いんです。篠田さんが、『理想の家族像、将来像などの共通点が驚くほど多く』と話しているのが象徴的」

 芸能関係者によると、最近IT社長との出会いを求めているのが「長澤まさみ」と「吉岡里帆」だという。決断を早くするから、ぼくたちもまぜてほしい! 


(週刊FLASH 2019年3月12日号)
ラベル:篠田麻里子
posted by かーくん at 15:03| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする