2017年10月31日

井上陽水 玉置浩二

歌手の井上陽水と玉置浩二が、10日放送のNHK総合の音楽番組『SONGSスペシャル』(後10:00〜10:49)に出演することが決定した。番組では2人のデュエット曲「夏の終りのハーモニー」を披露するが、2人が歌声を重ねるのは1986年の神宮球場公演以来、実に31年ぶりとなるそうです
番組には安全地帯も出演する

 1980年代に大ヒットを連発した陽水と玉置(安全地帯)。今年は安全地帯がデビュー35周年、そして玉置浩二がソロデビュー30周年を迎え、当時NHKで生中継された神宮球場公演以来、2人のセッションが実現した。

 番組では、10月27日に「夏の終りのハーモニー」1曲のみを収録するためにNHKに集結した陽水と玉置に密着。緊張感に包まれた現場の空気を伝えながら、日本が誇る2人のスーパーボーカリストの夢の共演の一部始終をじっくりと紹介する。

 そのほか、陽水が「ワインレッドの心」「最後のニュース」、安全地帯が「悲しみにさよなら」「あの頃へ」、そして玉置がソロで「しあわせのランプ」を披露する。
posted by かーくん at 21:36| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

日産 スバル 以外問題なし

新車の無資格検査問題で、国土交通省は30日、日産自動車とスバル(SUBARU)以外の23社からは「問題なし」の報告を受けたと発表したそうです

 同省は報告内容を精査した上で、必要に応じて立ち入り検査をし、報告と実態が合っているかを確かめる。

 無資格の従業員が完成検査をしていたと報告したスバルに対しては同日、群馬県内の2工場に立ち入り検査をした。さらに、無資格検査の経緯や再発防止策をまとめて1カ月をめどに報告書を提出することなどを指示した。

 国交省は、日産による無資格検査が発覚した9月下旬、国内で型式指定を取得しているメーカーや外国車の日本法人など24社に調査を要請。完成検査をめぐる不適切な事案の有無を1カ月以内に報告するよう求めていた。

 同省は今後、日産とスバルから提出される報告書を精査し、違法行為が認められれば処罰を検討。完成検査制度の在り方について見直す点がないかも探るようです
ラベル:スバル 日産
posted by かーくん at 21:29| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

ホリプロタレントスカウトキャラバン

深田恭子(34)、綾瀬はるか(32)、石原さとみ(30)、小島瑠璃子(23)らを輩出したオーディション『第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン』の決選大会が19日、都内で行われ、沖縄県出身の男性・定岡遊歩さん(さだおか・ゆうほ=21)がグランプリに輝いた。男女混合開催での男性グランプリは史上初となったそうです

 今年のテーマ「気になるあの子」。独自の個性と才能を持ち、あらゆるメディアで発信できる素質を秘めた即戦力となる次世代のスター候補を探した。今年は中学3年〜22歳までの男女を募集。男女混合の募集は1997年の第22回大会以来20年ぶりとなり、大きな話題となっていた。

 ホリプロスカウトキャラバンの男性出身者は78年第3回で審査員特別賞を受賞した東寿明(男女応募可)、91年第16回のグランプリの北地大良、審査員特別賞の工藤兄弟のみ。91年は「第1回!飛び出せ!日本男児」というテーマで男性限定募集だったため、男女混合募集の男性グランプリは初となった。

 グランプリに選ばれた瞬間、定岡さんは必死に涙をこらえた。「人生で初めての1番をいただいた」と感無量。「スタッフのみなさんのおかげで、ここまで来れた。期待を裏切らないように頑張りたい」と誓った。

 バラエティーレクリエーション審査では司会の小島瑠璃子からフリップで突っ込まれる一幕もあるなど、バラエティー性豊かな部分が評価された。

 この日の決選大会には、応募総数3万6504人の中から10人のファイナリスト(女性6人、男性4人)が集結し、ウォーキング、自己PRなどを実施。グランプリの定岡さんには、ホリプロとの専属契約のほか、賞金100万円が贈られた。

  審査員特別賞には広島県出身の井上祐貴さん(いのうえ・ゆうき=21)が選ばれたそうです
posted by かーくん at 17:55| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする